ここから本文です

古今亭志ん生の「寝床」「稽古屋」などのまくらで、小僧さんのうたが唄われていま...

ata********さん

2012/1/2910:49:30

古今亭志ん生の「寝床」「稽古屋」などのまくらで、小僧さんのうたが唄われていますが、歌詞がよくわかりません。
すごくうけているので、気になってしかたありません。わかる方、宜しくお願い致します。

閲覧数:
511
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

eva********さん

編集あり2012/1/2913:29:51

志ん生の小僧さんは、だいぶアレンジして歌っていますね。
以前、「茶漬け間男」に使われている歌は?という問がありました。
同じ歌です。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1278997682
一応、自分の回答をコピペします。

************************
「コチャエ節」というらしいです。
メロディは「お江戸日本橋」
江戸時代の「羽根田節」がもとになっていて、明治に流行したそうです。
http://www.fukuchan.ac/music/j-mt/kochaebushi.html

歌詞の1番が「お江戸日本橋・・・・・」で
2番が「お前まちまち・・・・」

お前待ち待ち蚊帳の外 蚊に喰われ
七つの鐘の鳴るまでも
コチャ 七つの鐘の鳴るまでも
コチャエ コチャエ

志ん朝師匠の「愛宕山」でも歌われています。
*************************

一八が山登りして、最初は軽快にサノサを歌っていたのですが、
だんだん苦しくなってハアハアしながら歌っているのが、コチャエ節です。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる