鳥のトリコモナス症について トリコモナス症とはまずそのう炎等になってからトリコモナス症になるのでしょうか?

鳥のトリコモナス症について トリコモナス症とはまずそのう炎等になってからトリコモナス症になるのでしょうか? また、順番としては食欲がなくなって→喉にチーズ状のものができ→鳴き声に交じってプチプチと聞こえるのですか? 飼っているペットの鳴き声に違和感を感じて2週間くらい経ちます。 食欲旺盛で便も健康便、とにかく元気で鳴き声以外今も変わりないです。 いつも通っている病院は2時間かかるのですが近々仕事の都合を合わせて連れていこうと思っています。 その前に参考までにトリコモナス症について教えてください。

補足

進行速度はどのくらいでしょうか?

目の病気17,485閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

3

補足を読みまして・・・・ 病気の進行の具合は、個体差があると思いますので 何ともいえません。m(_ _)m トリコモナス症にかかれば、食欲減退しエサの 呑み込みが悪くなるそうです。 できれば、口の中を 見てみられるといいかなと 思います。 ーーーーーーーー ブツブツと音がする原因は、トリコモナスとは限りませんが 中には、トリコモナス原虫によるものもあるようですので 症状が軽いうちに 鳥専門の病院で検査を されてくださいね。 症状としては、 軽度の場合は無症状、あるいは食欲不振程度 しか見られないそうです。 が・・・ 口腔内の違和感や口腔内粘液の増多から しきりに舌を動かす様子や、あくびのような症状 粘液の吐出、首を振る様子などがあるそうで 二次感染をおこすとアブセス(膿瘍)が のどにできると エサの通過阻害や下顎部や頸部の突出も見られるようになります。 副鼻腔へ感染が広がると、くしゃみ、鼻水、結膜炎に なるようです。 (文鳥では、外耳孔から空胞の突出が見られる事が あるそうです) プチプチ音は、気管炎でも、聞こえる事があるそうです。 http://www.avianmedicine.jp/article/14185674.html 追記・・・・ 気管炎(気道炎)は、細菌感染、真菌感染、ウイルス感染 そして、トリコモナスの感染が原因です。 はじめは、口の中でブツブツと音がしてセキをすることが 多くなるそうです。 ついで鼻水やくしゃみをするようになり、目にも症状が 現れるそうです。 ビタミンAが不足しないよう春菊や水にネクトンSなどの 栄養補助をしてあげてくださいね。

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございました。とにかく心配だったので本日病院に連れていきました。少しお口の中が粘り気があったのですが検便共に検査してもらい異常はありませんでした。 皆様の回答参考にさせていただきます!ありがとうございました。

お礼日時:2012/2/5 0:04

その他の回答(2件)

1

うちは、オカメがトリコモナスに感染してしまいました。 なにか誤飲でもしたかのように、30秒おきぐらいに病的な様子のあくびを繰り返しやってたので、すぐさま病院に連れて行きました。 食欲旺盛、便も見た目ふつう、呼吸に異音もなく鳴き声も正常でした。 もともと親からもらっていて、自身の抵抗力で抑えられていたのが、季節の変わり目の急な温度低下やその他の何等かのきっかけなどで、抵抗力が落ちた時に発症してしまったのではないか・・・・・と獣医さんは言われておりました。 そのう内や便に、トリコモナスはたくさんいたらしいのですが、食欲低下もなく症状があくびだけ・・・ということで、けっこう体は強い方かも・・・とも言われました。そのう炎にはなってなかったようです。 約1週間の投薬で回復しました。

1人がナイス!しています

1

ID非公開

2012/2/1 23:49

十姉妹がトリコモナス症にかかったことがあります。 十姉妹の場合は、もともとトリコモナス症を持っていて、季節変わりとか換羽時期などの体力が落ちた時に、でてくるみたいです。 症状的には、プチプチという鳴き声や、続けて鳴いている時に鳴き声がときどき途切れたりしていていました。 そのう検査で発見されれば治療も早いし、小鳥への薬の影響が少なくて済みます。 しかし、内臓まで感染した場合は治療も困難になりますし、薬の影響が残るかもしれません。 小鳥の場合体力がありませんので、悪化しはじめると治療自体が困難になり、薬を与えても手遅れになります。 早めに小鳥専門の病院へ連れて行った方がいいです。 当日の朝に糞便検査用の糞を採取してサランラップにでも入れて持っていってください。 その方が小鳥にとっても、心配しているあなたにとっても良いです。 複数で飼っている場合は、糞で感染します。 餌に糞が入ったり、飲み水に入ったりすると感染します。 小鳥の種類にもよりますが、病気や怪我を他の小鳥や人間に隠します。 小鳥の状態が普段とは少し違うと感じた時は、すぐに小鳥専門の病院へ連れていくべきです。

1人がナイス!しています