ここから本文です

アコ-スティックギタ-のスケ-ルはどの部分で測りますか。

yos********さん

2012/2/209:35:12

アコ-スティックギタ-のスケ-ルはどの部分で測りますか。

補足標準的なスケ-ルって何mmくらいでしょう。

閲覧数:
2,503
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/2/212:29:28

普通は
ボディ長: 18-7/8インチ (479.4mm)

下部幅: 14-5/16インチ (363.5mm)

ボディ厚: 4-1/8インチ (104.8mm)

弦長 : 24.9インチ (632.5mm)

こんな感じでスケールを当てます。

さて、このアコギはなんでしょう???

質問した人からのコメント

2012/2/8 22:38:09

驚く >さて、このアコギはなんでしょう???

わかりません!!。

皆様有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/2/211:48:56

いわゆる「弦長」ですね。

本来は「ナットとサドルの間の、開放弦の振動部分の長さ」を指します。
が、実際には弦の振動の都合上、微妙に長く取ってあり、弦によって位置が違います。
(アコースティックギターのサドルの頂点をよく見ると、全体として斜めになったうえ、弦によってさらに微調整されているのがわかるかと思います)

そこで、理論上の弦長は、ナットから12フレットまでの距離を測って、それを2倍します。
自分で計るなら、3弦か4弦に沿って計るのがやりやすいかと思います。

標準は、今は650mm前後になっていますね(Dタイプ、OMタイプなど)。
OOOだと、635mmぐらいのものもありますが、一般的にはこれも標準の範囲内に含めるようです。
650mmのものをロングスケール、635mmのものをミディアムスケールと呼んだりもします。

yasu_c1963さん

2012/2/211:01:25

弦楽器はすべてスケールの長さは、ヘッド側の弦のつくところ、いわゆるナットの部分から、ボディ側の最初に弦がとまる部分、ブリッジやサドルの長さをはかります。

またはスケールの長さを測る上では、ナットから12fのフレットトップまでの距離を測ってみるのが良いでしょう。
弦を張り、ネックの中心線に近い3・4弦あたりの弦に沿わせて定規やメジャーをあて、ナット-12f間の距離を測るのがよいと思います。
12fの位置はスケール長を2等分するちょうど真ん中のポジションになり、ナット-12fの距離の2倍がスペック上のスケール全長になります。
0-12f間の距離を測る方が、ブリッジの位置で測るより安定して計測できると思います。

標準は650mmていどでは。

kat********さん

2012/2/210:08:11

スケール?弦長の事ですかね? ナットとブリッジの間で、ヤマハだと650mmです。 メーカーによって若干違います。

hwr********さん

2012/2/210:00:06

ナットからサドルまでの弦が固定されていない長さです。
大雑把に言って650~630mmくらいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる