ここから本文です

ウーハーをアンプにつなぎたいのですが、ウーハー出力端子がない場合は、通常のス...

mol********さん

2012/2/419:03:02

ウーハーをアンプにつなぎたいのですが、ウーハー出力端子がない場合は、通常のスピーカー出力端子につなげばいいのでしょうか?ちなみにアンプはPioneer A-D1 、ウーハーはDENON DSW-1です。

閲覧数:
1,888
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

i_m********さん

2012/2/419:33:52

はじめまして♪

ウーファー、、、
http://audio-heritage.jp/DENON/speaker/dsw-1.html

スピーカー端子から接続する場合は、抵抗ブリッジ回路を組み立てて接続することで可能に成りそうです。
(回路の意味がワカラナイなら無理ですよ。)

アンプ、、、
http://pioneer.jp/press/2000/0518-1.html
プリアウトやウーファーアウトが無いので正常な接続は出来ません。
無理すれば、TAPE入出力の出力から接続すれば音は出てくれますが、アンプのボリュームと連動しませんので実用上は問題アリでしょう。

こんな話題もみつかりました。。
http://oshiete1.watch.impress.co.jp/qa7049563.html

さて、A-D1を使ってどんなスピーカーを組み合わせているのか存じませんが、安いとは言っても本格的なピュアオーディオ指向製品ですので、DSW-1は役不足な感じがあります。
一応、75W+75Wのアンプで、サブウーファーが20Wじゃ、低音増強パワーが、、、

一概にアンプパワーだけで比較は出来ません。20Wだとしても振動板面積が大きくて効率が高い組み合わせならそれでも良いでしょう。でもこのウーファーは12センチ口径と言う小口径です。

メインスピーカーとメインアンプのパワー、それを上回る余裕度が無ければ低音感の量は得られても質は伴わないと思われます。
振動板面積が大きくて空気を大量に動かせるのが理想ですが、小型化で面積が小さく成った分をアンプのパワーで補う場合も有ります。

とりあえず、繋ぐ方法は有りますので、実験はしてみて、音を感じてみてください。
もし、音は良さそうに感じられた場合は、ボリューム操作が有効に成るように、スピーカー端子からの接続、抵抗ブリッジ回路を研究してみて下さい。

質問した人からのコメント

2012/2/5 18:38:15

降参 お二人とも、ご丁寧なご説明で大変勉強になりました。ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ura********さん

2012/2/422:08:23

Pioneer A-D1はこれですね。
http://www3.pioneer.co.jp/product/product_info.php?product_no=00000...

DENON DSW-1はこれですね。
http://audio-heritage.jp/DENON/speaker/dsw-1.html
DENON DSW-1は残念ながら、スピーカー出力端子に接続しても良いかは、データーが無いので分りません。
もしお手元に取扱い説明書が残っていましたら、そういう接続が出来るかどうか書いてあると思いますので調べてみて下さい。

仕様表にハイインピーダンス入力/47KΩとありますので、スピーカー用出力端子に接続して使用できるかもしれません。

47KΩものハイインピーダンスですから、Pioneer A-D1のスピーカー出力端子に並列接続しても何の問題もありませんので安心して下さい。

しかし、このサブウーファーは20年も前の製品です、内部のアンプはとっくに寿命が尽きていますので、安全の為にもぜひ新しいサブウーファーを使用して下さい。

FOSTEXのサブウーファーCW200Aをお勧めします。
http://www.fostex.jp/products/CW200A
価格と評価は・・・
http://review.kakaku.com/review/K0000060688/

安いのに、非常に優れた音質の、良心の塊のような稀有な製品です。
2倍の値段で売られても不思議はないほど良い音です。

性能や音質は、DENON DSW-1の数十倍はあるでしょうから、比較になりません。

このサブウーファーは、ご希望の接続方法で鳴らすことが出来ます。
この様に記載されております。
<<アクティブ・サブウーハーCW200A使用の「アドオン」方式について>>
フォステクスがご提案する「アドオン」方式は密閉型のアクティブウーハーCW200Aの特徴を活用した使用方法です。スピーカーとアンプの結線は通常に行いL、R側スピーカー端子よりCW200AのスピーカーINに接続する方法です。

Pioneer A-D1 のスピーカー出力端子にLとRを別々に繋げば、CW200Aの内蔵アンプで、きっちりと低域信号だけを合成・加算して、両チャンネルの低音を鳴らしてくれます。

御使用中のメインスピーカーがなんなのか記されておりませんが、クロスオーバー周波数を使用中のスピーカーの左下がりに下がり始める周波数に合わせる事と、サブウーファーが鳴っている事が全く判らない程度の音量に調整する事がポイントです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる