ここから本文です

入れ歯とブリッジはどちらがいいと思いますか? 右1本、左2本にブリッジをす...

poohhatuki3541さん

2012/2/823:53:24

入れ歯とブリッジはどちらがいいと思いますか?

右1本、左2本にブリッジをすることになったのですが、 ブリッジは健康な歯を悪くすると体験者から聞いて不安になりました。

入れ歯とブリッジのそれぞれの利点、欠点を教えてください。

閲覧数:
5,162
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wizukowさん

2012/2/823:58:49

入れ歯;取り外しがらくで、歯を削る量は少ない
ブリッジ;ほぼ取れないが、歯を削る量が少ない

が教科書の答え
しかしながら高齢者の調査報告ではブリッジの方が本当の歯と勘違いするほど使い勝手がいいようです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sho_ss0905さん

2012/2/900:51:20

右1本、左2本にブリッジが難解ですが・・・ 単純に中間の歯の1本欠損なら 欠損前後の健康な歯を削り土台にして橋を渡します。 欠損の後方に歯が無い場合、前方の2~3歯を削り後方に伸ばすか?だと思います(ブリッジの場合、欠損部分の歯肉に当たるダミーの歯の底面部分の形状は、通常リッジラップという形状ですが、形が良くないと洗浄性が悪いです)ブリッジの難点は、★健康な歯を削る→虫歯のリスク ★保険適用の技工物の精度→口に入れて型を採る→石膏を流す保険と自費の精度が違うので 当然合っていないと虫歯のリスクは増えますし当たってくる対合の歯へも負担が掛ります★ダミーの歯の歯肉への負担及び自浄性です。 一方義歯ですが、削るとかは基本ありませんし適応症例も多いです。但しいくつかの難点もあります ◆クラスプ(歯に架かるバネ)の形状による、健常歯への負担及び洗浄性→ぐらつきと虫歯の危険 ◆大きくなる→転覆やぐらつきを無くす為に反対側へバネをかける→下顎や口蓋に金属の屈曲バーが入る(自費では精度の高い鋳造床になりますます)★床材が歯肉に当たっている場合は吸収→当たっている部分はへこむ が主な利点欠点です。 手軽=義歯 安定=ブリッジでしょうかね ただ保険か?自費か?にもよると思いますよ。髪の毛が口に入るとイヤですよね?ミクロンの仕事ですので、精度が大事なんです。またご質問される際には、どこの歯が!って言うと良いと思いますよ。 歯式と言いますが76543211234567 の上下ってなってます (犬歯は3番親知らずは8番です) どれがないのか?とかどこを削る!とかどこにバネをかける!とか記載していくと回答の精度も上がると思いますよ。自分の右上の犬歯なら 上顎右側の3番(じょうがくうそくのさんばん) です

monicaoldさん

2012/2/900:41:44

○ブリッジはなくなった歯の両隣を削らないといけませんが、入れ歯はその点削るといっても入れ歯を取り付ける金具の部分を削ったりするくらいです。


○入れ歯、ブリッジをする場所に問題があります。
前歯ならブリッジを絶対お勧めします。歯茎が見えるところなので入れ歯が見えてしまいます。(あと入れ歯が取れやすい)
奥歯なら無難に入れ歯。ただし、抜けている歯が2つ以上の場合は大体入れ歯になります(3つ以上のブリッジは奥歯の場合、両隣の歯に負担がとてもかかるのでオススメしません)

○年齢にもよりますが、質問者さまが高齢な方ではない場合はブリッジが良いように思います。
若い方で、1歯だけの入れ歯をしていた方がいましたが、入れ歯が小さいのでよく紛失されていましたし、食べているときに取れたそうです(最悪の飲み込んでしまうときもあるとか)

○確かにブリッジは健康な歯を削ってしまいますが、ブリッジにした後のお口のケア(虫歯や歯周病の予防)をしっかりするととても長持ちします。定期的に歯科医院に通わなくてはいけませんが、ご自分で歯磨きなどをしっかりすると大分違ってきます。
入れ歯は取り出して磨けるのでその分楽です。


参考にですが、大半の歯を失った方は最初、ブリッジ→支えていた歯が抜けた(又はもろくなった)もうブリッジにはできない→入れ歯にする(最終手段)
という流れに大体なります^^

あと、ブリッジは装着後今までとあまり変わらずご飯を食べれますが、入れ歯はしばらく取り外しや食事を練習したりしないとなれてきません。入れ歯は洗わないといけませんし。

参考になれば幸いです^^

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。