ここから本文です

エアコンの室外機にお湯をかけても、大丈夫ですか?気をつけたほうが良いことがあ...

tss********さん

2012/2/1309:52:38

エアコンの室外機にお湯をかけても、大丈夫ですか?気をつけたほうが良いことがあったら教えてください。

お湯をかけると暖房の効きが向上します。積雪が多いため、簡単な雪囲い(空気の流れを確保して斜めに設置しています)はしています。雪が酷く寒い夜に、エアコンが静かになって冷たい風を送りだしたとき、お風呂よりちょっと熱いくらいのお湯をベランダに置いている室外機の天板にやかん一杯分かけると、生き返ったように元気に暖かい風を送ってくれます。

室外機の機能を考えると温めることは良いことかなと思うのですが、10年以上使用している日立の室外機ですので、機械や配管を痛めないかちょっと心配で質問します。

補足素人質問ですみません。「室外機」は、常に風雨にさらされているように見えるのです(酸性雨や、時には台風)が、上からお湯をかけて電子回路を痛める構造なのでしょうか。また、雪囲いは、ファンの空気流入口側をしっかりした方が良いのでしょうか?雪国対策も教えてください。

閲覧数:
39,023
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iji********さん

編集あり2012/2/1313:00:37

天板に湯をかけても能力は上がりませんが、こぼれた湯がアルミフィンにかかれば熱交換器が見かけ上能力が上がるので効きが良くなるのでしょう
湯が不純物特に酸性になっているとアルミをいためます
上方からの水は電子回路に入り難い構造ですが、入ったら故障の原因になります
エアコンを壊さないうちにやめたほうが宜しいかと思います
補足
天板を含めキャビネットは丈夫に塗装してありますが、熱交換器のアルミは地金です
古くなったアルミは錆びてボロボロになっています
水道の水は中性に近いですが入浴剤が入るとわかりません
入浴剤には酸性のものアルカリ性のもの色々あると思いますが避けた方が無難です
普通雨程度の水では電子回路には入ってきませんが、大量の水ではなんともいえません
室外機は大気中からエネルギーをかき集めているので、囲いはしてもふんだんに空気が入ってこられれば宜しいでしょう

質問した人からのコメント

2012/2/13 22:47:02

降参 回答くださったみなさん、本当に有難うございました。お湯をかけるのは止めますね(笑)。みなさんの回答を何度も読み返し、私の中ではみなさんBAです。今回は、最初に回答いただき、追加の質問にも修正して回答いただきました「親切な」意地悪じじいさんにBA差し上げます。みなさん本当に感謝です。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fwi********さん

2012/2/1321:01:09

暖房時は冷房と逆に室外を冷やしてその分室内を暖めると思ってください。
室外機の放熱気部分は0度以下になって、吸い込んだ外気の水分や雨・雪がついて氷の塊になり熱交換がされなくなり、デフロスト(霜取り運転)を自動的にします。室外機を暖めてこれを溶かし、その分室内の熱を奪います。
お尋ねの雪囲いは大変有効です。別売部品にも「防雪フード」というものがあります。
お湯をかけるのも有効ですが、なるべく生ぬるいお湯(人肌以下)にしてください。熱いと温度収縮で機械を痛めます。
エアコンを切ってお湯をかけてください。すぐにスイッチを入れないで10分くらい待てからスイッチを入れてください。

蛇足ですが、夏は室外機に少量の水をかけて能力アップさせるのは技術として確立された方法です。

ren********さん

2012/2/1320:41:14

結論から言うと、通常はお湯は掛けない方が良いと思います。例外は、室外機の台枠(下の方)が凍りついていたり、室外機が雪で埋まりかかっている場合などです。

エアコンの室外機が空気から集めている熱というのは、素人の方のイメージよりもはるかに大きいものですから、夏に水をかけたり冬に湯をかけても、ほんの一時的な効果しかなく、労力に見合う効果はとても得られません。

補足に書かれているように、室外機は本来雨風に晒されるものですから、多少の水がかかっても普通は大丈夫ですが、想定しているのは雨水ですから、水のかける方向や量によっては、内部に水が浸入することがあります。一旦内部に侵入すると、精密な電子部品が一杯入っているので、良くないということです。
また、普通の雨水でもアルミのフィンが腐食するのは良くあることです。特に海際などは腐食が激しいのですが、通常の使い方ならそれでも致命傷にはならないようにできています。しかし、人為的に水質の悪い水をかけられることは想定外だということです。

通風路の確保ですが、吸い込み側は10cmから20cm程度、吹き出し側は50cm程隙間があって、上部が開放されていれば、大丈夫です。なお、この寸法は大きいに越したことはないので、夏場によしずなどをかけるのは止めた方が節電になります。

den********さん

2012/2/1313:59:40

暖房の効きをよくしたい、という目的だけ考えれば、手段としてはありだと思います。

機械にはあまり良いことではありません。
制御基板は密閉されていないので、湯気はある程度かぶることになるでしょう。
私ならお湯はかけません。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる