ここから本文です

学年・年金と、選挙・戸籍で加齢日が異なるのはなぜ? 【1】学年や年金、雇用...

fus********さん

2012/2/1318:23:33

学年・年金と、選挙・戸籍で加齢日が異なるのはなぜ?

【1】学年や年金、雇用保険では、各種の基準に使う年齢は、誕生日前日(の午後12時)に加齢します。

【2】一方、選挙権や非選挙権の有無・婚姻や分籍の可否に係る年齢は、誕生日(の午前0時)に加齢します。

同じ「瞬間」でも、誕生日に属するか、その前日に属するかで、両者で基準日が異なります。

これはなぜなのでしょうか?根拠法が違うからでしょうか?

閲覧数:
288
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hak********さん

2012/2/1412:02:08

fuss_minさんは質問に書いている情報をどこで(だれから)聞いたのでしょうか。
【2】として書いている情報に誤りがあるようです。
ここでも時々見かけられる質問ですが、「誕生日の前日(19歳)なのになぜ投票できるのでしょう」というものがあります。
回答としては、「誕生日の前日の24時に加齢されるため誕生日前日に20歳の瞬間がある。20歳の瞬間があるため、このような人には選挙権が与えられるため」というものです。
また、婚姻については、18歳になった「後」でなければ婚姻届は受理されません。
誕生日前日の24時に提出すれば受理可能ですが、現実問題として物理的に提出可能でしょうか。
理論上は誕生日前日の24時に提出可能ですが、実際には誕生日以降にしか提出できないということであり、誕生日に加齢するという考え方ではありません。
日本の法律上【1】の既定しかありませんが、見かけ上【2】の取扱のように見えるものがあるということになります。

質問した人からのコメント

2012/2/20 15:55:28

成功 どうもありがとうございました!
シンプルでわかりわすく、
かつ詳しい解説とは、
このような説明の事ですね。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

msk********さん

2012/2/1323:42:50

年齢についての根拠法は一つです。
「○○歳に達した日」というのは誕生日の前日です。
20歳の誕生日の前日に投票できますよ。

年齢計算ニ関スル法律
①年齢ハ出生ノ日ヨリ之ヲ起算ス
②民法第百四十三条ノ規定ハ年齢ノ計算ニ之ヲ準用ス

民法
(暦による期間の計算)
第143条 週、月又は年によって期間を定めたときは、その期間は、暦に従って計算する。
2 週、月又は年の初めから期間を起算しないときは、その期間は、最後の週、月又は年においてその起算日に応当する日の前日に満了する。ただし、月又は年によって期間を定めた場合において、最後の月に応当する日がないときは、その月の末日に満了する。

学校教育法
第十七条 保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。ただし、子が、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまでに小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了しないときは、満十五歳に達した日の属する学年の終わり(それまでの間において当該課程を修了したときは、その修了した日の属する学年の終わり)までとする。
2 保護者は、子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十五歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う。

公職選挙法
(選挙権)
第九条 日本国民で年齢満二十年以上の者は、衆議院議員及び参議院議員の選挙権を有する。
2 日本国民たる年齢満二十年以上の者で引き続き三箇月以上市町村の区域内に住所を有する者は、その属する地方公共団体の議会の議員及び長の選挙権を有する。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる