ここから本文です

シーバスロッドで悩んでます ベストアンサーには500枚!

rog********さん

2012/2/1503:38:22

シーバスロッドで悩んでます
ベストアンサーには500枚!

先日、人生初のシーバスを釣りまして、シーバス釣りにハマってしまいました^^;

そのシーバスを釣った、今現在ソルトタックルは、

・ロッド 9.0f ルアーMAX60g ラインPE1~3
・リール アルテグラAD4000HG
・ラインPE1.2号(22lb)

です

ライトショアジギングのタックルです

ロッドはこれだとかなり硬く、15~20gのルアーは飛ばないです

リールはそのままで良いとして、ロッドは別のものが欲しくなりました

ロッドは1本で行きたいのでシーバスロッドでも少し硬めのものを検討しています

ルアーは14~32gぐらいを投げようと思ってます

ジグも40gを投げれるといいな~と思ってます(無理なら30gで我慢します)


色々調べた結果、候補は

[シマノ ディアルーナS906M]

個人的な長所

・バッドガイドがダブルフット
・X状のカーボンがお気に入り(バスロッドで
・そこそこ軽量
・丈夫・・・らしい
・40gのジグも余裕・・だと思うw
・シマノはバスロッドでお世話になっているので安心
・シマノ派でリールもシマノなので

色々インプレを見た結果、短所は

・Mクラスの中でもかなり硬め
・硬めだからか、8~42gまでの表記だが15g前後は投げにくい・・・らしい



[ダイコー トラッドアーツ TSGS-902M]

個人的な長所

・グリップデザインが好き(使いやすそう)
・こちらのほうがTOPガイドは好き(エギングロッドみたいなやつ)
・かなり軽い
・今までのロッドと同じ9fで、短いので扱いやすい

個人的に思う短所

・Mクラスでは少し柔らかめ・・・らしい
・バッドガイドがシングルフット
・X状のカーボン無し
・合わせるリールのサイズがわかりにくい・・・3000?4000?
・リールシート無塗装
・カーボン含有率が85%←短所かは微妙

ちなみに、トラッドアーツ TSGS-902Mのリールシートは富士のなんと言う品番の物なのでしょうか?

あと、Kガイド:fuji/EカラーフレームSiCガイドとありますが、ステンガイドですよね?



ちなみにこの前、父のムーンショットS906Mを借りてアルアド4000HG付けて使ってみた感じでは、

今までのロッドよりリールシートが細かったため、妙に握力が要るような感じがしました



かなり悩んでます・・・

どちらを買えば幸せになれますかね?←魚が釣れたら幸せになれるとかそういうのはいいです

どちらかのロッドを持ってる方には、ぜひお答えしていただきたいです、お願いします<(_ _)>

どちらも持ってない人も全然おkです

お願いします<(_ _)>

補足使用する場所はサーフ&中小型河口の混ざった感じのところがメインで、そのほかにも色々なところで使用します
金銭的に、何本も買って場所によって使い分けるということができないので、オールマイティーに使える1本を、と考えています

長いと疲れそうなので9fでもいいかな?と考えています

もうすぐ近所で60ぐらいの青物がサーフから釣れ出すみたいなので、
その時に強めのシーバスロッドが必要なので硬さはMクラスでほぼ決まりです

閲覧数:
21,510
回答数:
9
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pur********さん

編集あり2012/2/1512:06:10

自分も釣り場には1本だけ持っていきたいのでシーバスとショアジギ兼用の為、
ディアルーナ906MLかMで悩みましたが、MLにしました。

理由としてはインプレにあるようにMLでも他のロッドよりも堅めという事で
シーバスのメインルアーが14g~28gを使用する事が多いと言うのが理由です。

ショアジギには適合ルアーウェイトが6g~28gなので20gか30gのメタルジグを
使う事にしています。特に30gの時はタラシは長め(1番下のガイド)にとっています。
今の所、特に不安や不具合はないですよ!

ショアジギのタックルをお持ちならシーバス用寄りにロッドを選んだ方が
良いかと思います。何故ならやはり柔らかめのロッドの方が食い込みが良く
バイトを弾きにくいのでバラシが減ります。
ショアジギには20gや30gでもポイントまでジグが届けばいいのでジグの重さは
重視してません。ナブラに届かない場合はあきらめてます。

ダイコーは使った事ないのでわかりませんが、ディアルーナはシーバス始めるなら
コスパは充分すぎるロッドだと思います!

補足見ました。
キャストするポイントまでルアーが届くのなら9fでもかまいませんが
届かなかったら9fでも10fでも同じなのでそれで長さを選んでみてはどうですか?
自分の体力的にジグをキチンとアクションできるものを選んだほうが疲れにくく、
楽しく釣りもできるし釣果も上がってくるとおもいますよ!

質問した人からのコメント

2012/2/21 19:01:33

回答ありがとうございました<(_ _)>

やはり1本ではきつそうなので、シーバス用とショアジギ用を使い分けようと思います
なのでディアルーナのS900MLにしようと思います。

500枚どうぞ^^

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

flj********さん

2012/2/1903:43:36

シーバスとライトショアジギング兼用ってことですよね?
●トラッドアーツTSGS-902M
・リールシート…Fuji/VSS17
・ガイドフレーム素材…ステンレス
です。参考までに添付します。
●EカラーフレームSiCリングKガイド
http://www.fujitackle.com/new/ecolor.html

●ハンドル(リールシート)
http://chie.mobile.yahoo.co.jp/p/chie/qa/view?qid=1178423941&ySiD=e...

シーバスロッドのMLのパワーでも2kg弱の青物捕れますが、やってられるのは初めのうちだけで長く使用するとロッドがへたってくると思います。私は手初めに10ft ML~35gまでのロッドで小型青物1年で100本釣りテーパーが変わりました。(ファーストテーパー→レギュラー寄りに。)35gまでですが状況により40gも投げ、無理がたたったのだと思ってます。オーバーウエイトでも垂らし長めであれば投げれますがコスト面でもギリギリに設計されてるロッドもあるので適合ルアーウエイトよりキャパシティーがあった方がキャスティングもロッドワークも楽だし、なによりロッドに優しいと思います。ロッドパワーの明確な基準って無いと思うのでMクラスであってもMH寄りだったりML寄りだったりすることはあると思います。シーバスロッドは軽いルアーをシャープに振り抜き、シーバスは暴れて弱るのも早いので柔軟性重視の設計になってるのだと思います。一方、青物は根に突っ込み引き出すパワーと生命力も強く重いジグをしゃく
り続けるので耐久性重視の設計になってるのだと思います。ショアジギングロッドだと耐久性を上げる為にブランクを肉厚にしたり、ロッドを軽くし重いルアーをシャープに振り抜く為にカーボンのトン数を変えたりとシーバスロッドと違って素材や作りが違います。因みにトラッドアーツのブランクは35t,40tの高弾性グラファイトです。私であればトラッドアーツですかね。シーバス相手であればリーダーナイロンにして柔軟性を高め、バイトしてもフッキングせずほったらかしにして向こう合わせにします。暴れてもらった方がフックの掛かりが良いので。仮にMLのロッドでもフッキングした時ルアーに伝わる力が弱いのでバレやすい感じもしますね。何かとロッドのパワーで選択しがちですが参考になさってみて下さい。兼用出来るロッドは無い!と、言いたいところですが私も兼用してしまいます(^_^;)悩むのも楽しみの一つだと思うので。

頑張って下さい。

ban********さん

2012/2/1601:26:52

ヤマガブランクスのアーリーにしましょう(^-^)v

907さん

2012/2/1521:05:22

ディアルーナがオススメです。

自分は予備用にディアルーナS1100Mを同じ様な使い方をしてます。(サーフシーバスや青物)
ただ11フィートでは少し長過ぎた感があるので、906が丁度良いと思います。
御希望のルアー、ジグの重さもぶっ飛びです。飛距離はかなり出せますよ。
ディアルーナのMロッドは確かに硬めです。フッコクラスのシーバスでは面白味に欠けますが、ランカーシーバスや青物でしたら丁度良いロッドです。
シーバス入門者にはかなりオススメですね。

pnp********さん

2012/2/1515:02:15

そこまでMに固執する必要があるのかなぁ。
障害物の無いサーフであれば60程度の青物位MLでも釣るのは普通にできますよ。
上手い人なら多少の障害物があっても普通に取れます。

それに多分Mであればショアジギロッドから買い換える意味があまり無いですよね。
分かってらっしゃるように15gは投げる事が出来るだけで、投げやすい訳では無いですからね。

竿を選ぶ時はなるべく硬くないモノを選んだ方が良いです。
他の回答者様も書かれている通り硬ければバレやすくなるし、ノリも悪くなる。それに重量も重くなり疲労しやすくなりますし、操作性も悪くなります。悪い事だらけです。

きっと40g程度のジグであればメーカーや機種にもよりますが使用範囲が30gまでのロッドでも十分対応できますよ。
もちろんバス投げじゃなく垂らしを長くとって投げないといけませんけどね。
ダイワは無理でしょうが、シマノやダイコーであれば大丈夫だと思います。

検討している機種で考えるとダイコーの方がイイと思いますね。
Mでも軽量のようですし、シマノよりは硬くないでしょうからね。

まぁでも自分であればきっとその二機種は買わないです。
最初であればもっとコスパの高い竿を買ってガンガンに使います。折れても良いくらい重いルアーを使ってみたり、魚をかけて思いっきり曲げて見たりしてね。その方が勉強になりますよ。
そして余ったお金で次に買うロッドなりリール等タックルの購入資金に回します。

メジャークラフトのクロステージはコスパが高くて良いですよ。一万以内なのにガイドはディアルーナやトラッドアーツとほぼ同じモノです。ブランクは感度の違いは少し感じるかも知れませんが、ダメだと感じるほどではありませんし、ジグやバイブレーションの使用が多いようなのであまり問題ないでしょう。
ディアルーナのハイパワーXなんかはあれば良いけど別に無くても問題ないです。

クロステージであれば9fか9.6fのMLが良いですね。以前使っていたのですが、その二本であれば40gを何百回とブン投げても大丈夫でした。60の青物かけても十分取れますし、いい感じで竿も曲がるのでかなり楽しめます。

まぁこんな感じですかね。ウダウダと色々書きましたが、ご自分の好きなロッドを購入してください。

アバター

ID非公開さん

編集あり2012/2/1522:06:11

まずは、竿の長さや強さを決めてからメーカーや商品を選びましょう。
河川や干潟でウェーディング、湾岸、堤防なら8.3~9FT
湾内小規模河川河口で陸から又は少しウェーディンクなら9~9.6FT
大河川の河口やサーフなら9.6~11FT
磯なら11FT~13FT
が使いやすいですよ。

長さが決まったら使うルアーの種類によって硬さを選んで
それにあう竿を探しましょう。

私は、癖が無くて使いやすいダイコーが好きです。


補足
シーバス優先で9FTのMLで良いと思います。

青物の60CMには厳しいけど、それにあわせるとシーバスが扱いにくいと思います。

青物60CMと外洋サーフシーバスなら兼用できると思います。10FTのMタックルで。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる