ここから本文です

キャンセルできない格安航空券

shiri2_kakeraさん

2012/2/1510:10:15

キャンセルできない格安航空券

ある記事でふと思ったのですが。

何日も前から予約した格安航空券のチケットがキャンセルできないという話は聞いたことがあります。

そこで質問。

(1)別途自腹する覚悟があるならドタキャン(航空券を持っていても乗らない)は問題ないのでしょうか。

(2)格安航空券を他の誰かに無償または有償で譲るのはNGですか。(名前が入っているからそもそも使えない?)

(3)乗らない席が空いてしまうことになりますが、払い戻しゼロまたは手数料を更に払って構わなくてもキャンセルはできないのでしょうか。

もしかして各会社ごとに違うのでしょうか。
もしそうでしたらA社はこうですというように一例としてご存知の例を挙げてください。

飛行機とは無縁の生活なので教えてくださいませ。

閲覧数:
46,301
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/2/1510:30:52

そもそも間違いがあります。格安な早割運賃はキャンセルできないのではなく予約変更ができないのです。キャンセルは出来ますが割高な取消手数料が差し引かれて返金になります。


(1)ドタキャンは問題なし
そもそも航空券はEチケットになっているので空港に行くまでは搭乗券も渡されません。搭乗手続きをして初めて搭乗券が発券されます。搭乗手続きの締め切り時間に間に合わなければ自動的にキャンセルされるのみです。

(2)NGです
航空券は全て記名式になっていて記載された人しか使用ができません。これを破って使用した場合、発覚した時には搭乗拒否も有り得ます。

(3)取消手数料と払戻手数料が引かれても良いならキャンセル可能です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

maze432さん

2012/2/1517:00:18

航空会社のホームページにいけば、運賃の種類や利用条件が見られますから、飛行機に無縁でもすぐ調べられます。
こういう話題でよく聞くのは、JALの先得、ANAの旅割など、1か月前ぐらいまでに予約すれば安いという運賃ですかね。
これらはキャンセル不可ではなく変更不可です。キャンセル時には、払った額の半分くらいの手数料がかかります。
スカイマークのバーゲン運賃だとキャンセル料は4,000円となっています。

買っておいて当日行かないというのは、当たり前ですが航空会社などに迷惑をかけます。問題ないとは言えません。
航空券は記名式となっており、その人がちゃんと乗っていることを確認しなければ飛べませんし、来ていないとなれば呼び出しをします。
ハイジャックやテロへの対策という意味もあって、飛行機はこのあたりキチンとしています。飛行機を使った犯罪は被害が大きくなりますからね。
したがって、自分の名前で取った航空券を他人に譲渡することもできません。

hakuwa999さん

2012/2/1512:51:34

①航空券(Eチケット控え)は持っていても問題はありませんが、持っていても意味はありませんよ。
払い戻しをしてもEチケット控えは持っていることができます。
Eチケットはコピーでも可能で、予約番号又は確認番号が分ればチェックインできますので、その控えそのものが要りません。
飛行機に乗らないのであれば、出発時間前でしたら払い戻しが可能ですので、払い戻しの手続きをした方が無駄がありません。
払い戻し手数料は航空券の種類によって異なりますが、出発当日の出発時刻前なら、航空券代の50%くらいだと思って下さい。
値引きの大きい航空券は、払い戻し日に関係なく約50%の手数料が掛かり、往復割引など割引率の低いものは手数料も安く、それはキャンセル日によって変わってきます。

便の変更をする場合は、必ずキャンセル手続きすることが必要です。
キャンセル手続きをしないまま、別の飛行機のチケットを買うことは出来ません。
同じ人物が同じような時間に、別の飛行機に乗ることは不可能だからです。(物理的にキャンセルしなくても乗ることが出来る飛行機であれば予約可能です)

②航空券は他人に譲渡して使うことはできません。
チケットを譲りたい時は、一旦キャンセルすることが必要です。
国際線はパスポートと照らし合わせてチェックしますので本人しか使えませんが、国内線はチェックが無いので他人が使っても分りません。
その為に密かに売買や譲り渡しがされているようです。

③出発時間までにキャンセルしなければ、飛行機は空席のまま飛び立つことになります。
キャンセル手続きされたものだけがキャンセル待ちや、当日券に充当されます。
キャンセル(払戻金)の規定は航空会社、チケットの種類によって異なります。
詳しくは航空会社のホームページをご覧下さい。
JALとNANの国内線は、チケットの名前が違うだけで、内容はほぼ同じです。

kobbushiさん

2012/2/1511:38:55

みなさん答えてますが、キャンセルは可能です。変更ができないだけです。
1については、全く問題はありません。
2.名前が書かれているので、NGです。自己責任ですが。
3.は、キャンセルは可能なので、払い戻し手数料などを払って差額が戻ってきます、直近など差額が0になる事もあります。

win00315さん

2012/2/1510:40:11

キャンセルできない航空券と言うものは、私自身聞いたことが有りません。
キャンセルしてもお金が戻って来ないものであれば、聞いたことはあります。
(つまりキャンセル料が100%)
それを踏まえて、以下に質問に対する答えを・・・・

①別に問題とはなりません。
②一旦発券された航空券の名義変更は、原則不可です。
名義人以外の人が乗ることは、規則で禁止されています。
国際線ではパスポートと名前が一致しないので、100%乗ることはできません。
③キャンセルに関しては、上記の通りです。
空席に関しては、空席待ちがいれば所定の時間に貴方が行かなければ、その人が乗ることになります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。