ここから本文です

中古車販売を営んでおります。自動車税等の勘定科目を教えて下さい。

sno********さん

2012/2/1519:55:24

中古車販売を営んでおります。自動車税等の勘定科目を教えて下さい。

起業したての会社です。中古車販売を営んでおります。経理上の事で教えていただきたいのですが中古車をオークション等で仕入れておりますが、販売する際に修理をしております。その際の勘定科目は仕入高になるのでしょうか?また車検のない車は車検をとり販売しております。その際発生する費用、自動車取得税・自動車税・自賠責保険料・ナンバー代・車庫証明等は全て仕入高になりますか?またその車を売った際には全て売上高になりますか?税金は消費税が掛からないのでその際はどう計上すれば良いのでしょうか?因みに弥生会計ソフトを使っております。よろしくお願い致します。

閲覧数:
22,476
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ter********さん

2012/2/1522:02:29

他の会社の整備工場に入れて修理したり、部品を取り付けた場合は「外注費」という科目になります。自分で取り付けたり直したりするために部品等を買ってきた場合は「仕入高」です。

車両を販売するときに、名義変更の時点から次の車検までの重量税や自賠責は月割などで計算してお客さんに負担してもらっていますか?(注文書等に記載している)
その場合は、販売する前の車検やオークションなどから車両買い取り時に含まれている重量税、自賠責、印紙、リサイクル料はあなたが払った時は一旦仮払金(もしくは立替金)で処理します。
<例1>
車検代15万円を払った。(内訳:整備代7万円、自賠責2万円、重量税5万円、印紙代1万円)
【貸方】
現金預金15万
【借方】
外注費7万 車検整備代
仮払金2万 自賠責分
仮払金5万 重量税分
仮払金1万 印紙分


<例2>
車庫証明・名義変更費用1万円払った。
【貸方】
現金預金1万
【借方】
仮払金1万

となります。

そして販売時に、お客さんに負担してもらう分は仮払金を減らします。
<例3>
100万円の車両を販売した。(内訳:車両本体80万、付属品10万、重量税4万、自賠責2万、印紙1万、法定費用2万、リサイクル料1万)
【貸方】
売上高90万 車両本体・付属品仮払金4万 重量税
仮払金2万 自賠責
仮払金4万 印紙・法定費用・リサイクル料
【借方】
現金預金100万

となります。

そして、期末にて仮払金が残っている場合には、それは平成23年中にあなたが負担した分なので、仕入高もしくは租税公課や保険料に振替えて下さい。
もし仮払金がマイナスになったら、雑収入です。

質問した人からのコメント

2012/2/22 20:00:26

感謝 とても判りやすい回答をありがとうございます。お客様の請求時には特に仕分けをしておらず車両代金一括として頂いております。今後は明細を記載すべきですね。

「自動車税 勘定科目」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる