ここから本文です

昆虫採集に本気になる国民って日本だけですか?

suu********さん

2012/2/1815:14:03

昆虫採集に本気になる国民って日本だけですか?

あちこちの森を駆け巡って、木や土をほじくって、ときには水辺にはいって…。
ハサミムシとかハムシとか訳の分かんない(ように見える)昆虫の標本を並べて楽しむ国民は、
日本人だけですか?

そうだけなら、より一層昆虫採集を楽しみたいもんですね。

ファーブルなんてよっぽどの変人に見られてたんでしょうかね?

閲覧数:
1,495
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mushisan101さん

編集あり2012/2/1818:51:46

ヨーロッパでは貴族の趣味です。
また日本に売るため、もしくは中国や台湾などで昆虫ブームが若干起きているのでそこへ売るため、アジアほぼ全土でも採集が行われていますね。
南米でも昆虫採集は行われているようですよ。ゾウカブトの角がピアスになるそうで。ただ禁止されました。密猟ですからね。
僕も大賛成です。
なんだかんだいって西洋から来たもので…
子供っぽいというのは大きな間違いです。
ただ日本ほど飼育から採集までするとこはないでしょうね。

補足します。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%98%86%E8%99%AB%E6%8E%A1%E9%9B%86
ここの昆虫採集の楽しみってとこに海外のことが少し書いてありますね。
昆虫採集人なんて職業があるそうで。うらやましい。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ppp********さん

2012/2/2517:27:00

そもそも標本と言う文化は外国から来たもの。ドイツ型標本箱なんて良い例ですな。

外国では標本はある程度の価値を認められてますが、日本は標本よりペットとして飼うほうが多いんだな。

dabradさん

編集あり2012/2/2512:38:20

日本のほかには台湾があります。
台湾は日本に負けないくらい
昆虫に興味を持つ人が多くいます。

また、欧米のアカデミックなそれとは違い
広く一般庶民にまで認知されているのが特徴です。
台湾は、その昔日本の統治下にあったことが影響しているのもしれません。

また、昆虫類に関する研究も盛んで、
野生生物保護に対する決まりは
場合によっては日本より厳しいものがあります。

昆虫採集をする人を
人口に占める割合でいうなら
日本の次に台湾であると 認識します。
台湾ではそれくらい普通に認知されています。


ここを覗いていただければ↓
http://kawamo.co.jp/roppon-ashi/sub163.htm

台湾の人と昆虫との距離を垣間見ることが出来ると思います。

tefuyaさん

2012/2/1901:47:34

植民地を持っていたヨーロッパでは昔から盛んです。
わけのわからん虫のコレクションならば
ノミやダニのコレクションはロスチャイルドが世界一。
他にも大英博物館や南米の蝶でフルニエコレクションなどヨーロッパには世界一の標本があります。

東南アジア島嶼地域に限れば、日本は世界一のコレクションがあると思います。
しかし、ここ30年程度の歴史ですので百年以上続くヨーロッパにはかないません。
最近の昆虫コレクションの傾向は標本商からの情報で
1.ドイツ
2.日本
3.アメリカ
らしいです?
興味あれば調べてください。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる