ここから本文です

着物の羽織、コート、道中着、何がどんな風に違うのですか? 4月の半ばに屋外...

kwj********さん

2012/2/2220:32:04

着物の羽織、コート、道中着、何がどんな風に違うのですか?

4月の半ばに屋外で着物での行事事があり、参加するのですが、着物と帯はベージュのような金茶色のような訪問着と全通の濃い茶金糸銀糸の袋帯です。

その上にやはり何かを羽織らないといけないと思うのですが、一体どんなモノを羽織ればいいのか分かりません。
袷?単?スリーシーズンコート?襟もとの感じも色々ありますし、柄の事や色目…etc
さっぱり分かりません。どうか良いアドバイスをお願い致します。
因みに行事は京都の御寺で行われ、人数もかなりたくさん来られます。

それから、黒のお洒落草履と喪用の草履はどう違うのでしょうか?
フォーマルの草履とカジュアルの草履の違いもよく分かりません。
どうか私の疑問を解決して下さい。
宜しくお願い致します。

閲覧数:
7,718
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fis********さん

編集あり2012/2/2221:40:07

疑問点色々おありのようですね。

まず、4月半ばに訪問着の上に羽織るなら、単(ひとえ)の道行きが良いです。

4月は日によっては帯付きでも暑い可能性もありますから、ちりよけという程度の薄手の生地がおすすめです。

道行きとは、衿が四角く開いている上着で、礼装や準礼装などの上にも着られるコートです。生地は無地の染めが無難で使い回せます。

色は単なら春先や秋口に合いそうな淡い緑やベージュ、藤色などおすすめします。

道中着は道行きよりカジュアルなコートで、衿合わせが着物のように左右打ち合わせて衿がVになるタイプです。主に紬や小紋に良いです。

その他、真冬はウールやベルベットのコートも一般的です。

羽織は前が開いた状態で羽織紐を結んで着る、ジャケットかカーディガンみたいな位置付けの上着です。現代では女性の場合は、羽織を礼装に合わせないのが一般的です。

喪の草履は、艶の目立たない黒い生地です。洒落の黒はエナメルなど艶があったり、前つぼに色が使われたり、皮革ものだったり、鼻緒に柄があったりでしょうか。

フォーマル草履は、佐賀錦など金銀糸使われた織りの生地、喪は黒無地、いずれも布張りとなります。また台の高さも高いものが礼装になります。
基本的に皮革や染めなどは洒落です。

ただし白無地のエナメルは準礼装に用いる方も多く、市民権得ていると思われます。

以上、ざっとですが、ご参考になれば幸いです。

質問した人からのコメント

2012/2/29 09:37:34

成功 有難うございました。
すっきり致しました。まだまだ悩む事が色々ありますが、
少しつ゛つ着物ライフを充実させていきたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nut********さん

2012/2/2222:32:18

以前呉服の仕事をしておりました。
まずは羽織とコートの解説からいたします。きものの上に羽織る羽織物は大別すると羽織とコートに分類出来ます。羽織は室内でも着用できるジャケットのようなもので、コートはきものを汚れから守ったり防寒のために羽織る物で玄関先で脱ぎます。コートは用途で雨コートや防寒コート、塵よけコート等に分けられ、襟の形が道行襟や道中着襟、被布襟、千代田襟等があります。道行襟や千代田襟などは礼装でもカジュアルでも大丈夫ですが道中着襟はカジュアルになります。季節により4月頃からは薄物の生地が着られますし、7~8月は盛夏ですから絽や羅などの生地が着られます。
道中お召しになられるだけなら普通の生地か薄物のコートで良いですが、行事中もずっと着たままならコートは失礼になりますので羽織になります。
草履は、黒は全体が真っ黒は喪服用で鼻緒が色柄物なら洒落用です。
礼装用は踵が3.3㎝以上の高さがあるもので三段になっているものが多いです。金彩や金銀糸を使ってあるもので、材質は佐賀錦などの織地が最も格上で次いで革です。織地よりも皮の方がお手入れが楽なので最近は革が主流です。鼻緒が染めなどの柄物はカジュアルになります。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる