ここから本文です

本村洋さんは、なぜあんなに難しい言葉を自分の言葉で話せるのでしょうか・・・

rar********さん

2012/2/2312:33:30

本村洋さんは、なぜあんなに難しい言葉を自分の言葉で話せるのでしょうか・・・

事件のあった当時彼はまだ23歳でしたが、そのころから本村さんの熱弁に心を打たれてきました。

難しい言葉ではあるけど、しっかりと伝えられる。同じ年ですが尊敬してしまいます。

事件当時の本村さんの言葉で「人を恨む、憎む。ここから、また優しさを取り戻すために遺族も死ぬほど努力をしなくてはいけない」

死刑確定後の会見では、本村さんの中に優しさがあったように思えます。

「喜びはない。この判決に勝者はいない。」

これから刑を執行されるであろう被告への優しさなのでしょうか?

長い間、死刑を求め闘ってきた本村さんが何よりの勝者だと私は思ってしまいます。

再婚をされたようなで、これからは本村さんの幸せを願うばかりです。

閲覧数:
9,544
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ria********さん

2012/2/2312:46:55

元々、弁が立つ方なんですよ。
頭が良くて。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「本村洋」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

iku********さん

2012/2/2317:30:38

もともと口下手な人もいれば、弁の立つ人もいます。
弁の達人は書物を多く読み、語彙の豊富な人です。
そういう人は難しい言葉を優しく置き換えることもできるし、
またその逆もできます。

今回の長きに渡る裁判で遺族の本村さんの悲痛な訴えが、
被害者を置き去りにしてきた日本の刑事裁判を大きく変えることになり、
なおかつ新たな判例ともいえる判決に結びついたと言えるでしょう。
(もっともバカ弁護団が極刑を呼び込んだと言えなくもないですが)

アバター

ID非公開さん

2012/2/2316:11:56

頭が良く色んな言葉をご存じなのです。 又、声のトーンや風貌等も説得力に加えられます。
「裁判が終わったら目標が無くなりどうするんだろう」と思っていました。
でも再婚されて本当に良かったです。どうか幸せになってほしい。
改めて弥生さんと夕夏ちゃんに哀悼の意を捧げます。

sam********さん

2012/2/2313:35:10

>これから刑を執行されるであろう被告への優しさなのでしょうか?

違うと思いますね。

最終的に刑が執行されようとも妻・子は戻ってきませんし。

あくまでようやく区切りがついた。
死刑と言う刑のおかげで100の辛さが50ぐらいに減った。
※数字は適当です。

ぐらいの感覚なのでは?

yam********さん

2012/2/2313:16:21

広島大学出身で元々頭の良い方ですね。

勿論今回の事件をきっかけに法律やその他の論理に付いて

勉強や努力をされたのでしょう。

彼の成果で少年法にも影響があったのでしょう。

2009年に再婚されて幸せに成って頂きたいと同時に今後も法の改正に付いって

関わって頂けると良いですね。

hir********さん

2012/2/2313:04:26

そりゃ、何年も裁判の事だけを考えて生きて来たんだから、そこにかけるエネルギーや集中力は一般人が一つの物事にかけるエネルギーとは比較になりません。だから一つ一つの言葉が整理されているのでしょう。


彼の考え自体には賛同しませんが、あのスピーチを聞いて多くの人が悪い印象を持たなかったのは、そういう一つの思いを貫き通した彼の姿勢自体が賛同を得ているのでしょう。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる