ここから本文です

中小零細企業の経営にお詳しい方に質問があります。

pot********さん

2012/2/2413:32:26

中小零細企業の経営にお詳しい方に質問があります。

中小零細企業での経営上、いわゆる管理会計の重要性ってどれくらいなのでしょうか?

例えば、トヨタやその下請けのデンソーでしたっけくらいの大きな企業なら、いわゆるコストマネジメントや利益管理、意思決定会計などの重要性は高いのかな(ただ単にイメージですが。)とは思うのですが、個人の2、3人~数十人くらいでやっている会社の経営管理というものの重要性はコストマネジメントや意思決定などよりも如何に資金繰りをうまく行うのかだと思ます。資金繰りも管理会計の一部ですが、幅広い管理会計の知識の重要性がどれくらい求められるのでしょうか?

僕は現在大学生で、将来、中小零細企業のコンサルなどを行いたいなと考えているのですが、中小零細企業からの管理会計(割と広い範囲の)の需要というものはどれくらいあるのでしょうか?

補足ご回答ありがとうございます。疑問がもう一つでてきました。
大企業の経営を行うのと中小零細企業の経営を行うのでは、事情が異なるとは思うのですが、両方の経営に通ずるところは多くあるのでしょうか?
一応、僕は、公認会計士を目指していて、監査法人で経験を積んだ後、中小企業の経営に携わりたいと考えています。

閲覧数:
886
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yab********さん

編集あり2012/2/2414:17:31

んー、管理会計という言葉自体がかなり大きい意味を持ってしまうのですが
例えば「安全余裕率」の試算や、変動比率の動きを細かくみたところで
経営上の管理にどこまで役に立つかは確かに疑問ですね。

ただ、コンサルタントって幅広い知識と
大企業でも通じる!ってレベルの能力がないと受け入れてもらえないのが普通です。
例えば資金繰りのコンサルするってなると、これだけの実績があります!ってアピールできないと
お客さんなんか来ませんし意味がありません。

自分の能力の棚卸しをした際に、自分の強みは何があって
それをどんな会社にどういった形で提供すれば報酬をもらえるのか?と、もっと深く考えられることをオススメします。
正直資金繰りだけなら別にザルの経営者でも出来るんですよ。

付き合いのある銀行員が「私のお客さんで、開業してから一度もまともな利益管理してないお客さんがいる。」
なんて事も言っていましたが、そういった方に管理の必要性ってのを感じさせる事ができれば
コンサルタントとして成功するかもしれませんね・・


補足について

通じるところは多々あるでしょう。

ただし、例えば監査法人による監査が義務付けられているような大企業と
銀行からの融資を受けることが最優先の中小企業では
必要とされるコンサルティングは別なのはわかっていただけると思います。

まぁ、コンサルを必要とする会社は大企業よりも中小の方が基本的に多いですから
ターゲットを中小に絞るとしたら、必要なのは「正しい決算書」や「管理会計」よりも
銀行が融資したくなるような決算書を作れる能力でしょうね。見も蓋も無いのですが。

まずは銀行からお金を借りて資金需要を満たしてあげてから
管理会計や事業の脆弱性へのアドバイスなどができるとコンサルタントとして一人前かと思います。

質問した人からのコメント

2012/2/26 05:47:51

うーん。中々、コンサルタントとして活躍するのは難しいみたいですね。
みなさん、どうもありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mic********さん

2012/2/2422:52:44

他の方も答えられていますが中小企業で一番の問題は資金繰りです。

試験に合格して監査法人で実務を経験して会計士になってコンサルをするというのはまあ王道だとは思うんですが、現実はそんなに甘くないです。

コンサルを必要とするのは一部の大企業ぐらいのものです。今は大企業でもわざわざコンサルなんか使わずに自前でやりますから。業界のことを一番わかっているのはその会社ですからね。それにコンサルっていっても実のところほとんど企業買収とかその手の話ですし。

中小企業レベルでコンサルなんて雇うお金があるのなら運営資金に回します。それにほかの方もおっしゃってますが中小企業の社長とさしで付き合うなんてまず無理ですよ。言い方は悪いですけれど世の中の裏も表も知り尽くしているような人たちですから。

逆にあなたがカモにされますよ。中小企業には中小企業なりの生き方がありますから。自分で経営もしたことのない奴にえらそうなこと言われても何言ってんのぐらいで聞き流されますよ。まあその前にそんな仕事取れないです。

頑張って公認会計士の普通の仕事するのが一番だと思いますよ。会計士って仕事の範囲が限られてるんですよ。私も試験合格者ですからわかるんですけどね。十年以上前に試験に合格したものの結局資格は取ってないですけど、同期を見ていても大変だなあって思いますから。

どうしても中小企業の経営にたずさわりたいなら税理士のほうがまだ向いてると思うんですけどね。会計士って当然税務も勉強しますけど、やはり税理士の経験には勝てないんですよ。監査法人よりも税理士法人のほうがいいかもしれないですね。

bes********さん

2012/2/2417:09:06

私的な意見ですが、中小零細企業では重要度低いかと思います。
またコンサルのお仕事は大変かと思います。
目に見えないものを売るわけで、またのサービスが確実に効果として現れないと思うので。
また年の若い人が年上の実績ある経営者に意見を通すのはなかなか難しいです。
たとえば、今小学生にその勉強方法じゃダメですねといわれたらむかつくでしょ。
知識よりもむしろそのへんをどう伝えるかの方が難しいと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる