ここから本文です

TANNOY Autograph Mini の音に、プラス低音がもう少し出るようなスピーカー教えて...

nkf********さん

2012/2/2814:13:07

TANNOY Autograph Mini の音に、プラス低音がもう少し出るようなスピーカー教えて下さい。お願い致します。ちなみに、部屋は六畳で大きいタイプはもう部屋に置けず、victor sx-511がメインであります。

補足みな様ご回答有難うございます。この度miniで初めてtannoyサウンドを体験して良いなと思いました。実在感と前へ訴え掛けてくる音と、そして空間表現。しかし、ヴォーカルや弦ものは良いと思うのですがドラムなどは軽く薄っぺらく感じます。ですから、tannoyで小形~中形の大きさでそして、miniに低音の量感を与えた様な機種があれば教えて頂きたいです(近い音でかまいません)。

閲覧数:
4,681
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ura********さん

2012/2/2817:15:01

TANNOY Autograph Mini は・・・
http://www.esoteric.jp/products/tannoy/autographmini/index.html
http://www.esoteric.jp/products/catalog/pdf/prestige.pdf
評価は・・・
http://www.ippinkan.com/TANNOY_AUTOGRAPH_MINI.htm
価格は・・・
http://kakaku.com/item/20447010818/

TANNOY渾身のブックシェルフスピーカーの名作です。

仕様書は・・・
http://www.esoteric.jp/products/tannoy/autographmini/index.html
■エンクロージャー型式 バスレフ
■使用ユニット 100mm(4インチ)同軸2ウェイ(ネオジウムマグネット)
・・・ツイーター 19mmチタニウムドームツイーター
・・・ウーハー 100mmマルチファイバー・ペーパーコーン
■能率 88dB(w/m.1kHz)
■連続許容入力 50W(RMS)
■最大許容入力 200W(瞬間)
■入力インピーダンス 8Ω
■クロスオーバー周波数 2.3kHz
■周波数特性 68Hz~54kHz
■エンクロージャー材質 バーチ(樺)材高密度積層合板
■エンクロージャー仕上げ チーク無垢/突き板
■エンクロージャー寸法(W×H×D) 210mm×345mm×130mm
■内容積 3.5リットル
■質量 4.0kg/台
(仕様およびデータは英国タンノイ社発表によるものです。)

仕様書に
■周波数特性 68Hz~54kHz
とありますが、±6dBでしょうから、実質的な低域のレスポンスは75Hz~80Hz程度でしょう。

能率が88dB(w/m.1kHz)と、この口径のウーファーとしては異例の高能率ですから、能率を下げてまで無理に低域を伸ばすよりも、低域はスッパリと割り切って高い能率を選び、キレのある反応の良い中高域の再生を実現しているのだと思います。

もし私がこのスピーカーを購入する幸運に恵まれたら、この優れた中高域をそのまま生かすために、まず良いスピーカースタンドに載せて、後方と左右の壁から50㌢以上離して設置し、ブックシェルフ・スピーカーならではの空間表現を優先します。

しかし、良質なスピーカースタンドは一般的にかなり高価ですが、一点だけ例外があります。
B&W社のSTAV24B(高さ60cm 砂入れ可)です。
http://homepage3.nifty.com/audio-goto/stand.htm

スピーカースタンドも、ただポンと置いたのではそれなりの音しかしませんので、基本を押えながら設置する必要があります。
① スピーカーの間隔はスピーカーから貴方が聴かれる位置までの距離とほぼ同じにする。
② 左右の壁から50㌢、後ろの壁から30㌢以上離して設置する。
以上の3点を押えながら仮置きし、音を出して試聴して最も自然に聴こえる位置を探して、位置決めします。
③ スタンドのパイプに猫砂を詰める。

位置が決まりましたらいよいよ設置にかかります。
① 初めにホームセンターで御影石の板(30㌢×30㌢×3㌢500位)を4枚と、コルクシート1枚(1000円位)と、4~5Kgの鉄アレイ2個を購入します。
② 先程決定したスピーカーの設置位置の床上に、5㌢角にカットしたコルクシートを4枚敷き、その上に1枚目の御影石の板を置きます。
③ その上ににもう一度コルクシートを4枚敷き、その上に2枚目の御影石の板を置きその上に猫砂を詰めたB&WのスピーカースタンドSTAV24Bを置きます。
④ スタンドの足板の上に鉄アレイを載せて、スタンドを重量で抑え込みます。
⑤ 最後にスタンドの上にスピーカーを設置し、スピーカーケーブルを配線します。

Autograph Miniの、スッパリと切られた低域のファンダメンタルズを、ほんの少し足してやれば音の世界はガラリと変わり、6畳の部屋が別の宇宙空間になります。

SX-511は別に部屋に移っていただき、その位置にスピーカースタンドと Autograph Miniに設置し、低域をほんの少し足す為に、FOSTEXのCW250Aを1台、目立たないように設置し、鳴っている事が絶対に判らないが、切ると突然音の空間が狭まって愕然とする、と言うようなセッティングをいたします。

私のシステムは、自作の巨大なTQWTですが、30Hzまでフラットに再生しますので音楽のファンダメンタルズはしっかりと出します。

TANNOY Autograph Mini は・・・...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

2012/2/2820:43:49

前の回答者さんがいいこと書いてるね。

「鳴っている事が絶対に判らないが、切ると突然音の空間が狭まって愕然とする、と言うようなセッティングをいたします。」

まさにコレですよ。
音楽でAVのような派手な低音を無理やり出すような下品なマネするヤツは、神経を疑うね。オマエには美意識というものはないのか、と言いたい。
音楽用途のウーファーは、低音が鳴ってるのが分かっちゃうレベルだと間違いなのだ。大きすぎるということね。
最近はヘッドフォンで合成音声の音楽を聴くのに慣れてしまった人が多いから、そういうナンセンスな音のほうを好んだりするのだが、ワシから言わせれば「アタマ、大丈夫?」のレベルです。
純オーディオ的な意味での低音は、音に立体感が生まれれば所期の目的は達した、というべきでしょう。

せっかくオートグラフ・ミニのような気品のある素晴らしいスピーカーを知っているなら、その音の世界を汚すようなアホ臭いことだけはしないで頂きたい。
質問文にある「プラス低音がもう少し出る」というのが、どのくらいのレベルのことを指しているか分からなかったので、質問者さんは決して上記のようなアホなことを考えているのではないとは思ったのだが、一応念のため。
ちなみに、個人的にはオートグラフ・ミニでも充分な低音は感じられると思うのだがねえ…。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる