ここから本文です

下らない質問ですが例えば水深10Mの水圧に耐えられる長さ10Mシュノーケルがあれば...

sigaairさん

2012/3/111:57:04

下らない質問ですが例えば水深10Mの水圧に耐えられる長さ10Mシュノーケルがあれば水深10Mでも何とか呼吸は出来るものですか?もし出来るのなら限界は何M位ですか?

閲覧数:
696
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/3/116:29:59

下らなくないですよ。だれでも水圧に興味を持つと、考えることですよね。呼吸は肺の下部にある横隔膜と言う組織が上下することにより肺の気圧を変化させ、空気を吸ったり吐いたりしているのはご存知と思います。この横隔膜は薄い筋肉組織の一種で構成されているのですが、意外と力がないのです。我々も興味があったので、水中どれくらいの深さまで吸う事ができるか、ちゃーんとプールで実験しました。口径25mmの塩ビパイプを30cm60cm90cm120cm150cmの長さに切って用意までして(笑)
なんと、結果は、60cm!!が限界でした。ゆっくり仰向け姿勢で沈み、バディが塩ビのトップ5cmを水面で掴んでいるので、実際は55cm!、女性では吸えませんでした。90cmは僕でもびくともしません。何度も実験して慣れてきて、それでも70cmが限界です。肺活量が物凄い方なら、100cmできるかもしれませんね。つまり1m・・・。
スクーバーは200気圧の空気をファーストステージで約10気圧まで減圧して、セカンドステージ(レギュ)で外気圧にさげた空気をリアルタイムで供給してくれます。(正確には3%前後のマイナス気圧で、でないとエアーがプクプクとリークしちゃいます)スクーバーは人間の夢の一つを叶えた英知の賜物ですね。

質問した人からのコメント

2012/3/2 10:23:46

驚く 回答ありがとうございました。実際に実験済とは恐れ入りました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

bonjindiverさん

2012/3/115:20:40

子供の頃、「ははぁ、ホースは柔らかくて潰れるからダメなんだ・・・。」と思って、鉄パイプならイケるに違いないと実行に移しましたが撃沈しました。(笑)
10mどころか1.5m程度の長さでしたが。

プロフィール画像

カテゴリマスター

2012/3/113:33:25

ダイビング用のマスクは鼻部分まで覆われています。
これは、「耳ヌキ」をするために、基本は鼻では呼吸をしないように設計されているためです。

とはいえ、少しマスクを浮かせれば、鼻から息を吐き出すことは可能です。

よって

●息を吸うのは口からで吐き出すのは鼻からとすれば、通常のスノーケル(30cm程度)より、かなり長いスノーケルのようなモノを使用して、ある程度の深度で使用可能という気はします。

但し、水深10Mはなんらかの理由で無理だと思われます。
たぶん、相当、強い力じゃないと空気は吸えないのではないでしょうか(吐き出すの鼻からすれば問題ありません)

水深10mで水面から空気を送る場合はコンプレッサーが必要となります。

コンプレッサーなしで、呼吸をする場合は、どの程度の力が必要になるかは、なんらかの物理的な公式があると思われますが、すみません、文系の私はよくわかりません。

mactec8587さん

2012/3/113:21:35

小学校2年くらいの頃だったかな?!忍者が長い竹筒を咥えて、“忍法、水遁の術”とかって水中移動をしているアニメを見ました。

それを見て、「これは凄いっ!」と家にあった散水用のビニールホースを持ちだし、海へGO!水中メガネを付けてホースを咥え、いざ海へダイブしました。

「ありゃ、おかしい。全然吸えない・・・。」そのことを家に帰って親父に話したら、ギャハハァ~♪と笑われたことを今でも覚えています。(笑)

そのとき吸えない理由は判りませんでしたが、ダイバーになったら「あぁ、なるほどねぇ~」って理解できました。

何事も興味を持つって大変良いことです。質問者様も理屈を知ったとき、「あぁ、なるほどなぁ~」ってなると思うので、あえて答えはおしえな~い♪(笑)

2012/3/112:07:47

無理でしょうね^^

市販のが限界でしょうね

まず 10m先の新鮮な空気を吸い込まなくてはなりません、 大変な肺活量が必要ですね^^

それが 出来なければ シュノーケルの中は自分息でいっぱいになりますからね

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。