ここから本文です

ジャガイモの種芋植える準備の畝に、苦土石灰は入れないと教わりましたが、「蛎殻...

k_yamato555tonyiさん

2012/3/416:03:54

ジャガイモの種芋植える準備の畝に、苦土石灰は入れないと教わりましたが、「蛎殻石灰」は入れると聞きました。

○1:何故蛎殻石灰なら入れるのですか?

○2:種芋植える前のいつ頃にこの石灰を入れるのが

よろしいか

○3:滋賀県草津市か守山市ならいつ頃種芋を植えるのがいいですか?

補足ジャガイモの種芋植えには、畝に苦土石灰も蛎殻石灰も入れない方がいいと読みました。蛎殻ならいいと聞いた私はうっかり今日、蛎殻石灰を入れました。ならば、草木灰を入れたらどうなりますか、正しいなら概略の量も教えてください。

閲覧数:
37,880
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/3/420:05:37

私は有機石灰も入れませんよ。じゃがいもは酸性を好むので石灰類は入れません。私は梅雨の最中の収穫が嫌なので、4月中頃に植えて梅雨明けに収穫しています。

余談ですが9月初めに植えた秋じゃがを、先週収穫しました。新じゃがで美味しいですよ。千葉県北西部です。

【補足を読んで】
以前有機石灰(帆立の貝化石)を入れていて出来が悪いでした。ある時から有機石灰を入れないようにしたところ豊作になりました。

草木灰も酸度調整に使うアルカリ分ですから入れてはいけません。じゃがいもは酸性の方が出来は良いですよ。

質問した人からのコメント

2012/3/5 18:48:49

成功 皆さんのご見解を総合すると、石灰はやらず、草木灰もやらない方がいいということですね。
牛糞や土や堆肥などをやって畝を酸性にすればいいということですね。ありがとうございました。

「ジャガイモの植え付け 石灰」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2012/3/510:25:32

私の経験から、昨年と一昨年、春じゃがを植える畝に有機石灰を相当量入れて中和してから植えました。

芽出しは至極順調だったのですが、20cm位から成長がとまり、花も咲かず仕舞で、

時期が来て茎が枯れ始めたので収穫したところ、

小さい芋ばかりが採れました。

なぜなのか?

分からないまま、秋じゃがを植える際、石灰を入れずに堆肥と元肥だけで植えたところ、

大きな芋がゴロゴロ、多分石灰の所為だと思い、

昨日植えた畝は石灰を入れず、3週間前に堆肥と鶏糞だけを入れて耕して植えました。

果たして?ただ農家の方は、ジャガイモには石灰は禁物だといわれます。

2012/3/417:25:07

ここでは苦土石灰と牡蠣殻石灰の違いのみ書いておきます。

苦土石灰は即効性で、効果の持続性は余りありません。

このため一気に土の酸性度が変化してしまい、状況によっては良くないこともあるのです。

ところが、牡蠣殻石灰の場合は効き目が穏やかで、長期にわたって効果を発揮します。

牡蠣殻石灰は「有機石灰」と言われる事もあり、消石灰や苦土石灰などの「無機石灰」とは働き方が違います。

有機石灰は土がアルカリ性のときは働きませんが、土が酸性に傾くと効果を発揮します。

一方、無機石灰は土がアルカリ性でも働くので、問題が発生するのです。

土の酸性度が一気に変わることで微生物の環境も変わり、その結果生育障害が起きるのです。

同じ石灰といても別物だと思ったほうが良いでしょう。

hiromiten328さん

編集あり2012/3/422:50:58

正確な解答にはなりませんが、

1、私もよく分りません。
苦土石灰も蛎殻石灰も主成分は炭酸カルシウムで若干の強弱はあってもどちらも同じようなものだと思っています。
ジャガイモの土壌適正pHは5.5~6.0なので使い込んでいる畑ならソウカ病予防のためどちらも入れないほうがいいと思います。
前作がダイコンなどで石灰を入れていなければ、少しは入れた方がいいでしょう。

2、元肥を入れる1週間前です。ですから種芋を植える日から2週間前ですが、元肥が有機質なら5週間前がいいでしょう。

3、ソメイヨシノの開花予想日の2週間前が理想です。開花の頃にジャガイモが地上に芽を出すようにすると晩霜に遭う心配がまずありません。
晩霜があまり心配のない地域ならさらに2週間ほど早めてもいいです。

ーーーー

蛎殻石灰を入れてしまったのは仕方ないです。必ずダメというものでもありません。
多くのマニアル本やホームセンターの案内には苦土石灰を入れるように書いてあります。私も菜園初期は入れていましたがソウカ病になったことはありません。
病歴のない畑でちゃんとした種芋ならあまり心配しなくても大丈夫でしょう。また万一ソウカ病になったとしても芋の肌が汚くなるだけで食べるには何も問題ありません。
草木灰は入れないでください、更にpHが上がりリスクが増します。

なお、炭酸カルシウムは普通の水にはほとんど溶けず、酸性側の水によく溶けます。これは苦土石灰の炭酸カルシウムも蛎殻石灰の炭酸カルシウムも同じです。ですから働きも同じです。

mamusigohanさん

編集あり2012/3/421:20:16

苦土石灰は入れても問題はありません。
特に強酸性土壌なら入れるべきです。

ただ、ジャガイモ栽培の土壌のPHは5.5程度が理想であるというだけです。
これよりPHが7に近づく、または超えるとそうか病の危険が増えるのです。
アルカリになったら、生育障害も出ます。

通常は前作に施してある場合不要です。PHを計るのが理想です。

もう、そろそろ植えた方がよいですね。

苦土石灰も、牡蠣殻も苦土を除けばどちらも主成分は炭酸カルシウムです。
粒状性などの違いにより、効き方は変わりますが、それ以外は化学反応の点からは変わりがあるはずがありません。

草木灰はアルカリ性が高いので、もし使うのなら生育後期に追肥として使うのがよいでしょう。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。