ここから本文です

梅毒検査でTPHAと RPRは、なんですか?

kuk********さん

2012/3/615:02:13

梅毒検査でTPHAと RPRは、なんですか?

閲覧数:
221,373
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pap********さん

2012/3/616:02:45

RPRとは。
梅毒血清検査
脂質抗原 (カルジオライピンーレシチン抗原)を用いる方法です。
梅毒感染後4~6週で陽性化します。
治療が終われば、直ぐに陰性になります。
しかし、病原とは直接関係ない脂質を抗原としているため。
.生物学的偽陽性反応を呈し。
梅毒以外の感染症や膠原病、妊婦や免疫状態が低下している。
高齢者で陽性となることがしばしば認められます。

TPHAとの併用検査が用いられます。
梅毒の確定診断にはTPを抗原としたTPHA法(梅毒血球凝集反応)とFTA-ABS法(梅毒蛍光抗体吸収法)が用いられます。とくにTPHAは手技が容易で、梅毒の血清診断法として最も有用とされています。しかし、感染後3ヵ月以降に陽性を示すことで早期診断には適しておらず、しかも一度陽性となると治療と経過にかかわらず陽性が持続するため治療効果や治癒の判定には使用できません。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「tpha定性」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる