ここから本文です

『柏崎刈羽原発と島根原発、複数の活断層が連動する可能性』 ⇒ 地震活動が活発化...

blu********さん

2012/3/804:25:46

『柏崎刈羽原発と島根原発、複数の活断層が連動する可能性』

地震活動が活発化した日本列島、これらの原発を再稼働してはいけないのでは?



・・・

◆原発は事故が起こると日本が滅ぶほどの大きな被害が発生します。


福島の多くの子供たちは、将来の健康被害を恐れながら生きていかなければなりません。
森も川も海も汚染されてしまいました。
森のキノコも、川で釣れるアユも、河口付近の海で捕れる魚も、もう食べられない。
森が本当に元に戻るには、数百年、数千年、いやもっとずっと長い時間が必要かもしれない。

地震活動が活発化した日本列島で、原発を再稼働させると、新潟県でも島根県でも、同じ事が起こる可能性があります。

政府民主党や自民党の、原発再稼働の方針は、間違っています。
電力不足も燃料費増加も経済への影響もCO2排出も、なんとか対策可能のレベルであり、あえて人々の命を危険にさらす必要は無いと思います。

人として、原発を再稼働してはいけないと思います。



◆原発を稼働させると停止状態に比べて危険が大きく増大します。

①原子炉を稼働している場合; 事故で全電源喪失後、「1時間以内」に圧力容器内の冷却を開始できないと、メルトダウンが始まってしまいます。
②原子炉を停止している場合; 事故で全電源喪失後、「10日以内」に核燃料プールの冷却を開始すれば、メルトダウンは始まらない。




『活断層連動、再検討を指示 東電、中国電に保安院』 2012.3.7. 共同通信

「経済産業省原子力安全・保安院は7日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)と中国電力島根原発について、周辺の複数の活断層が連動する可能性を再検討するよう求めた。

両社は「連動を考慮する必要はない」などと報告していたが、7日開かれた保安院の専門家会議で「地質構造などから連動を考慮するべきだ」との指摘が相次ぎ、保安院は再検討を指示した。

柏崎刈羽原発について、原発周辺の陸地から海に延びた複数の断層が最大約130キロにわたり連動する可能性を専門家が指摘。この一部は、想定される最大の揺れの強さ(基準地震動)の設定に採用されており、評価次第では基準地震動の引き上げが必要になる。東電が提出した再稼働の前提となる安全評価(ストレステスト)の1次評価結果に影響する可能性もある。

島根原発には、敷地前面の海域にある二つの断層が「構造上、別のものとは言えない」などの意見が相次いだ。中国電力は安全評価を提出していない。

保安院は東日本大震災後、従来「5キロ以上離れた断層は連動を考慮しない」としていたルールを見直し、電力各社に再評価を指示。報告された内容を専門家会議で検討している。」




保安院,活断層,メルトダウン,中国電力,柏崎刈羽原発,原発,地質調査

閲覧数:
335
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

www********さん

2012/3/1119:01:29

全く持ってその通りです。
こんな自然災害の巣窟で、しかも「核」を所持するなど論外ですよ。
アホでもわかる事を理解出来ない日本人が、あまりにも多くいることに疑問を感じますよね。
原発を許す=核の怖さを全く知らない。
原発を許す=アホ。
確定と言っても過言ではありません。
そんな事よりも、安全神話が崩壊した原発。(ただの嘘800だっただけですが・・)
核がある原発がこんなにモロいなどとは、誰も思っていなかったでしょう。
もう終わりです。
嘘が言えるレベルを超えましたよ。
さようなら原発さん。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

msa********さん

2012/3/809:18:44

賛成です。
活断層が連動しているかいないか、私達には真実がさっぱりわかりませんが、活断層の存在すら隠してきた両社の地質調査など、いくらやっても信用に値しませんね。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる