ここから本文です

相続時精算課税制度を使い生前贈与を受ければ、遺産相続でもめることはありません...

アバター

ID非公開さん

2012/3/912:35:47

相続時精算課税制度を使い生前贈与を受ければ、遺産相続でもめることはありませんか?
私は3人兄弟の長女で下に2人兄弟がいます。
今回、新築にあたり母から評価額1500万円の土地を相続時精算課税制度を使い生前贈与を受ける予定でいます。
これにより、土地は私の名義になりますが、母が亡くなったとき生前贈与を受けた土地も兄弟で均等にわけなければいけないのでしょうか?

もめない為にはどんな方法があるでしょうか?
遺言や公正証書は書き換え可能で、母の気が変わってしまうのが心配です。

もめたら兄弟に金銭的解決しかないのでしょうか?

もめることなく、新築建てたいのか望みです。

補足相続時精算課税制度をするから名義が私に変わると思っていたのですが、生前贈与をするから私に名義変更されるとゆうことなんでしょうか?

閲覧数:
3,007
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

編集あり2012/3/919:16:40

土地自体は質問者様の名義になるので、その土地は相続財産には含まれません。
相続時精算課税を使うかどうかは関係ありません。問題になるのは生前に1500万円分を贈与を受けているということです。相続発生時に他の相続人が受け取れる相続財産が1500万以下の場合、質問者様が多く貰っているということで請求される事が考えられますが、その分はお金で払えれば問題ないと思いますよ。
補足を読んで

生前贈与だから名義が変わるんですよ。
遺留分に関しては、遺言があった場合に発生する事なので、生前贈与での特別受益(相続時精算課税を使った場合、1年以上前でも特別受益として考えられます。)に関しては6分の1ではなく、3分の1の法定相続分を侵害している場合、その分を金銭で解決する事になります。

アバター

質問した人からのコメント

2012/3/16 10:34:19

降参 補足にもお答えくださいましたpooh_hide_sanさんにBAに選ばせていただきました。他のお二方もありがとうございました。
生前贈与の予定でしたが、突然義母から生前贈与辞めたと言われてしまいました。土地は将来的にはあげるとのことです。相続時、もめないか心配ですが、そこに新築します。
相続時精算課税制度を使い今から税金対策だけはして新築したいと思います。
ありがとうございました。

「遺産相続 もめる」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

miaki_koedaさん

2012/3/913:24:24

>相続時精算課税制度をするから名義が私に変わると思っていたのですが、生前贈与をするから私に名義変更されるとゆうことなんでしょうか?

そうですね。
そのままだと、高額の贈与税がかかりますが、相続時精算課税制度を使えば、本来は贈与税は累進課税で、1000万を超えたら50%ですが、この制度なら、控除額をオーバーしても一律20%でOK。その代わり相続の時点で相続税と精算する、という制度です。

ご自身の居住用資産でしょうから、「特別受益」になり、相続の時に、その分を遺産にプラスして相続の配分を決める可能性もあります。他の相続人が気にしなければ、考慮しなくてもいいですが。

futtkm373さん

2012/3/913:18:22

もめるか、もめないかは相手次第です。この場合は特別受益と言います。母に配偶者が居ない場合は子供は3分の1づつ分けますが、土地については形状が分割しにくいものであれば、金銭で支払うことになります。他に相続分があれば、その分から差し引くこともできます。また、法定相続割合での配分を拒否することもできます。特別受益は遺留分を侵害していたら、遺留分減額請求権が他の兄弟に残ります。遺留分とは法定分割割合の半分です。すなわち、6分の1です。
母が亡くなるより1年以上前になされた悪意なき贈与についても減殺請求の対象になります。
この遺留分については、いかなる方法も、無いものにはできません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

別のキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。