ここから本文です

ふと疑問に思ったのですが、音速の旅客機コンコルドはどういう理由で営業飛行を終...

pet********さん

2012/3/1323:18:59

ふと疑問に思ったのですが、音速の旅客機コンコルドはどういう理由で営業飛行を終えたのでしたっけ?
教えて下さい。

閲覧数:
187
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yok********さん

編集あり2012/3/1401:17:32

残念ながら、中東問題(石油の権益)と環境問題(地球温暖化や騒音問題)から、コンコルドの派生型が出来ませんでした。
耐用年数から先細りの状態のところに、離陸直後の墜落が起こってしまいました。
更に営業的にも儲かりませんでした。
時間が生命線のコンコルドですから機材トラブルの出発遅延を出すことができません。
従って何か不具合が出たら修理や整備の前にまず予備機登場で、全てにおいてバックアップの経費が相当かかっていました。
民間機でありながら、アメリカ大統領専用機や日本の政府専用機のような準備をしていたのです。

質問した人からのコメント

2012/3/14 23:14:10

降参 なるほど~。この頃までがコストを考えず、便利さを追求した時代だったような感じですね。これからの時代にはあり得ませんね。
博識の方々、丁寧な回答ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

osc********さん

2012/3/1323:42:51

結局は、
燃費が悪く採算割れ、それと騒音があまりにもひどいから、と聞きました。

また整備面におき、エアバスやボーイングの機体のようにどこへでも飛ばすわけには行かなかったという話も聞きました。
※特別な整備技術を要したから

私が想像するに、
大西洋を急いで横断を要するビジネスマンやお金持ちは、プライベートJETへの移行が著しくなったからではないでしょうか。

tak********さん

編集あり2012/3/1323:34:27

2000年7月25日のシャルル・ドゴール空港での墜落事故が引き金です。地上の巻き添えを含めて114人が亡くなっています。この時点で旧式化していたのと、コスト高、同時多発テロで旅客の減少などが追い討ちになり、運行再開はしましたが、2003年に引退しています。墜落事故の動画は探せばありますよ。

bla********さん

2012/3/1323:29:51

運行コストがかかる。
音速を超えると燃費がガタ落ち。
ファーストクラスの約20%増という運賃でも採算ラインぎりぎり。
定員が100人ぐらいであまり運べない。
長い滑走路が必要。
航続距離が短い。
いくつかの国(主にアメリカ)では、発生させるソニックブームが地上や環境に悪影響を及ぼすとして乗り入れに消極的だった。
等がありますが、一番大きいのは2000年に起きた墜落事故ですね。
詳しいことはWikipediaでも見てくださいな。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる