ここから本文です

バスケットボールはサッカーより運動量や身体のぶつかりが激しいのに、バスケット...

win********さん

2012/3/1411:54:36

バスケットボールはサッカーより運動量や身体のぶつかりが激しいのに、バスケットボール選手の方がサッカー選手より選手寿命が長いのは、どうしてなんでしょうか?(NBAの選手は30代の選手がゴ

ロゴロいるので。)

閲覧数:
3,397
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sne********さん

2012/3/1415:42:23

『一定の水準に達すると走れなくてもチームに貢献できるから』、『交代の制限の違い』ではないでしょうか。

ディフェンス、リバウンド、スクリーン、アシストなど身体能力に頼らなくてもできることは多々あります。短時間の出場であれば相手のスピードで振り切られ大量点を取られることもありません。コートも狭いためダブルチームやトラップなどでオフェンスを追い込むこともできます。スタミナも落ちてくるでしょうが、バスケは交代して途中休んで再出場もできますし。

サッカーはピッチが広いだけに速くかつ距離を走れなければ話になりません。スペースが広い分読みをスピードが上回ることの方が多いでしょうし。サッカーは交代の制限がバスケに比べ強く、長時間出場できなければならないためオーバー30が休みなしに出場するのは厳しいのではないでしょうか。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mel********さん

2012/3/1519:43:12

サッカーの方がぶつかり激しいし
サッカーの方が疲れるよ

mik********さん

2012/3/1418:56:12

そうでしょうか?
30歳を超えて活躍している選手はオールスター級を除けばごく一部な気がします。
プレー年数としては平均で5~6年ぐらいしか無いはずです。
1チーム12人ですし、、、。

でも、サッカーもバスケもどっちも過酷な競争ですよね。
確かに、サッカーよりは経験のスポーツとして動きの遅くなったベテランでも使える場面が結構ありますね。
交代のルールが違って、バスケは何回でも何人でも変えられます。
抜きんでた何かがあれば歳を取ってても活躍出来るのがバスケットですね。

hiy********さん

2012/3/1417:26:08

運動量でバスケとサッカーを比べることはできないとはおもいますがフィジカルコンタクトに関して言えばはるかにサッカーのほうが多いです。サッカー経験があってバスケにまったくの素人の人とバスケをしてみればわかりやすいと思います。

quq********さん

2012/3/1412:38:47

個人的には気の短い長いの差ではないでしょうかね。すぐにプッツンときませんか、サッカーの選手は、バスケットも結構もめますが相当ひどいファウル、ジャッジミスの後にですよね。

tak********さん

2012/3/1412:00:06

1、運動量はサッカーのほうが多いかもしれない。
2、交代自由なので短時間出場もできるし、途中で休憩もできる。
3、(特にNBAの場合)成功したら大金が入るので体のケアが十分にできる。(サッカーも同じ)
4、サッカーに比べ個人的な能力によるところが大きいので、それが高い選手は長く使いたい。
5、サッカー選手は実はサッカーをそこまで好きじゃない人が多いので、ある程度の歳になったら辞める。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる