ここから本文です

現在完了と現在完了進行形の違いがわかりません。 ・He has taught us since la...

leb********さん

2012/3/1601:10:12

現在完了と現在完了進行形の違いがわかりません。

・He has taught us since last year
(彼は去年からずっと私たちを教えています)
・He has been teaching us since last year
(彼は

去年からずっと私たちを教えて続けています)

この2つの文の訳は少しは違うけれど、意味的にはあまりかわらないと思うのですが…。よくわかりません。分かりやすく教えてください。

閲覧数:
885
回答数:
4
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2012/3/1603:36:10

<違い>
⇒話者が [teach] を、
・状態動詞として捉えている。
→前の現在完了形の文
・動作動詞として捉えている。
→後ろの現在完了進行形の文
の違いです。
[teach] は、状態動詞と動作動詞の中間的な動詞ですので、
同じ「継続」を表す場合にも、
話者の解釈によって、この様に二通りに表現される場合が在ります。
←<意味的にはあまりかわらないと思うのですが>
⇒お考えの通りです。
敢て言えば、後ろの文には、
「継続の強調」という話者の心理が働いているかも知れません。

動作動詞と状態動詞について、まとめてみます。
動詞には、
・動作動詞
・状態動詞
が在ります。
【見分け方】
1.見て分かるかどうか
・分からない。
→状態動詞
・分かる。
→動作動詞。
2.長期的か短期的か
・長期的
→状態動詞
・短期的
→動作動詞
と見分けます。
know と run で考えてみます。
・ know
1.知っているかどうか、見ても分からない
2.「知っている」というのは、長期的
→状態動詞
・ run
1.走っているかどうか、見て分かる
2.「走る」というのは、短期的
→動作動詞
と、考えを進めます。
【違いの表れ】
状態動詞と動作動詞の違いは、
1・訳し方
・状態動詞
→~しています。
←知っています。
・動作動詞
→~します。
←走ります。
2・進行形に、
・状態動詞
→ならない。
←最初から「~しています」なので。
→× I am knowing Tom.
・動作動詞
→なる。
←「~します」が進行形になることによって、「~しています」になる。
→○ Tom is runnig in the park.
3.継続(ずっと~している)を表すとき、
・状態動詞
→現在完了形で表す。
← I [ have known ] Tom since he was a child.
→私はトムを、彼が子供の頃から[ずっと知っています]。
(↓3.をご覧下さい)
http://www.englishcafe.jp/english/day36.html
・動作動詞
→現在完了進行形で表す。
← Tom [ has been running ] for an hour.
→トムは、一時間[ずっと走っています]。
(↓1.をご覧下さい)
http://www.englishcafe.jp/english/day37.html
という、三つの違いに現れます。
ただし、次の二点には注意が必要です。
1.≪状態動詞と動作動詞の「中間的な動詞」が在る。≫
英文法解説:江川泰一郎著:金子書房には、
expect / hope / keep / learn / lie / live / wait / want
rain / sleep / snow / stand / stay / study / 【teach】 / work
は、現在完了形で、「継続」をあらわせる。
という記述が有ります。
ここで示されている動詞の多くは、
・見て分かる
→動作
・或る程度の期間が必要
→状態
の両方を併せ持っていますから、
言葉を変えますと、「動作と状態の、中間的な動詞」と言えます。
例えば、同じ「フランス語をずっと勉強しています」でも、
・「五年間」の場合には、
→勉強に取り組んでいるかどうか、見ても分からない。
→状態
→現在完了形
→ Tom [ has studied ] French for five years.
・「一時間」の場合には、
→辞書を引くなど、勉強に取り組んでいるかどうか、見て分かる。
→動作
→現在完了進行形
→ Tom [ has been studying ] French for an hour.
と、二通りの表現を使い分ける必要が有ります。

2.≪状態動詞でも、それが「一時的な状態」である場合には、
進行形になる。≫
・Tom 【lives】 in Paris.
←トムはパリに住んでいます。
→長期的な状態
・Tom 【is living】 in Paris.
←トムは、(一時的に)パリに住んでいます。
→一時的な状態

【・状態動詞・動作動詞・中間的動詞】の習得、頑張って下さい。

.

質問した人からのコメント

2012/3/16 17:18:48

降参 分かりやすい説明ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

muc********さん

2012/3/1606:03:11

>(1) He has taught us since last year
>(2) He has been teaching us since last year

(2) は「彼は去年からずっと私たちを教えて続けています」と訳せますが、(1) の訳は、「彼は去年から私たちを教えています」です。


have done since ~ という表現は、「~から何々をしている」という意味で、必ずしも「~から"連続的に"何々をしている」という意味ではありません。これに対して、have been doing since ~ は、「~から連続的に何々をしている」という意味になります。

たとえば、She has taught here since 1990 except for the two years when she was abroad to study the English language のように言うことは可能です。これを、have been doing を使って、She has been teaching here since 1990 except for the two years when she was abroad to study the English language というのは変です。

eip********さん

2012/3/1601:58:28

>この2つの文の訳は少しは違うけれど、意味的にはあまりかわらないと思うのですが…。よくわかりません。分かりやすく教えてください。

状態動詞ではない「teach」が過去から現在までの期間の動作の継続を現在完了形を使って表わすことが出来るということです。普通は現在完了進行形を使いますので「He has been teaching us since last year.」でかまいません。
以下を参照してみてください。
「USE 2 Duration From the Past Until Now (Non-Continuous Verbs)
With Non-Continuous Verbs and non-continuous uses of Mixed Verbs, we use the Present Perfect to show that something started in the past and has continued up until now. "For five minutes," "for two weeks," and "since Tuesday" are all durations which can be used with the Present Perfect.
Examples:
•I have had a cold for two weeks.
•She has been in England for six months.
•Mary has loved chocolate since she was a little girl.
Although the above use of Present Perfect is normally limited to Non-Continuous Verbs and non-continuous uses of Mixed Verbs, the words "live," "work," "teach," and "study" are sometimes used in this way even though they are NOT Non-Continuous Verbs.」
http://www.englishpage.com/verbpage/presentperfect.html

以上、参考になれば幸いです。

kyo********さん

2012/3/1601:55:05

>・He has taught us since last year
>・He has been teaching us since last year

実際に、そういう2つの例文があったとしたら、
意味は同じだと考えて構いませんし、
わざわざ訳し分ける必要はありません。

ただ、実際には、

あくまでも傾向としてということですが、進行形にできるタイプの動詞を、

現在完了形・継続で使うときには、ある程度長い期間、一瞬も途切れなく、なんてことではなく、大雑把な感じで、続いている、ということを表したいとき、

現在完了進行形にするときは、基本的には、短い時間、一瞬も途切れずに(そこまで言うと厳密過ぎかも^^)、続いている、ということを表したいとき、

言葉の話なので、6時間ならどっち、2日ならどっち、というように、キッチリ分かれるものではありませんし、その人やその時の感じ方でも変わることですが、

基本的には、こういう「去年からずっと指導してくれている」というようなときは、現在完了形の方を、同じ文章の中で、「今朝からずっと授業をしてくれている」というときには、現在完了進行形を、というふうに使い分けるものかと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる