離婚調停、裁判での虚言。 先日2回目の調停で不成立になりました。というのは、私の主張と妻の主張が180度異なり、‘客観的証拠’を示し説明を求めても、知らない、

法律相談1,292閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

3名のアドバイザーの方々、ありがとうございました。 妻の往生際の悪さを何とも出来ないもどかしさで苦しいですが、裁判で客観的証拠を提示し白黒つけます。安心出来ました、ありがとうございました!

お礼日時:2012/3/20 8:56

その他の回答(2件)

0

>離婚裁判でどれぐらい不利、有利にはたらくのでしょうか? お互いに離婚するコトには同意しているものとして、 奥さんの浪費分が、財産分与額または慰謝料に多少影響するくらいでは・・・ 虚言壁があろうが、浪費癖があろうが 子供の親権、養育費の額には影響を与えるとは思えません まぁ、いずれも裁判所が判断することなので、上記はあくまでも私見です

0

離婚訴訟となると 民法770条1項所定の事由が存在することを 離婚を請求する者(原告)が主張しなければならず さらに そのうち立証をしなければならないのは 被告との言い分が食い違う部分(争点)です。 なお 主張する事実の証明に失敗した すなわち、言った言わないの水掛け論で終わった部分は 概ね原告がそのための不利益を被ることになります。