ここから本文です

ドライビングポジションについて 車種はaudi TT 8N 左ハンドル MT車です。 ...

ant********さん

2012/3/2019:37:50

ドライビングポジションについて

車種はaudi TT 8N
左ハンドル MT車です。

クラッチペダルの踏みやすさに
シートポジションを合わせると
アクセル・ブレーキが近過ぎて
右足に疲労

を感じ。

逆にアクセル・ブレーキに
シートポジションを合わせると
クラッチペダルが十分に踏み込めず
慌ててしまう場面がありました。

間のポジションに合わせると
両方のマイナス要素がちょっと
和らぐ程度で困惑しております。

過去の運転経験車と比べると
TTクーペはクラッチ踏込み幅が
やけに大きいなと感じます。

事故防止の為にも
ベストな運転環境にしたいので
皆様のご意見お聞かせ下さい。

閲覧数:
1,401
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cj4********さん

2012/3/2020:36:08

MTだとそういうことはままあるね。


そんなときには、クラッチの純正ペダルカバーを外して、社外の「ハイリフト・ペダルカバー」をかませちゃう。国産車なら、スポーティーな車種だとたいてい社外品があるよ。ジュランとか、リジッドとか。それで3~5cmくらい、ペダルが近くなる。

クラッチのストロークについても、完全に切れるポイントより、かなり深く踏み込める車種があるから、そういう車には、「クラッチストッパー」を装着する。市販の社外品もあるし、DIYでも作れる。

個人的には、ペダル関係では、絶対に妥協しない。納得するまで調整するよ。走るシーンによって、アクセルペダルの高さも変えることもある。




ご参考までに。。。

質問した人からのコメント

2012/3/21 11:03:05

降参 さっそくネットで探してみます。
とても参考になりました。
有難うございました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる