ここから本文です

第4級アマチュア無線技士の資格では、モールス信号による通信をする事が許可されて...

アバター

ID非公開さん

2012/4/703:44:48

第4級アマチュア無線技士の資格では、モールス信号による通信をする事が許可されていないのでしょうか?

私は第4級アマチュア無線技士の試験に挑戦しようと思っております。
しかし、先ほど過去に質問された知恵袋を読みましたが、それを読む限り、第4級アマチュア無線技士の資格ではモールス信号による通信が許可されていないように受け取れます。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1059283870

しかし、
http://www.jarl.or.jp/Japanese/6_Hajimeyo/shikaku.htm
を読むと、4アマはモールス符号による通信を除くという制約と、電波の出力と周波数の制約以外は3アマと4アマに差は無いように思えます。

普通に考えて電波の出力と周波数の制約さえ守っていれば、通信内容がどうであろうと問題無いと思うので、別にモールス符号で通信しても問題無い気がするのですが、何故モールス符号による通信が制限されるのでしょうか?

閲覧数:
3,485
回答数:
6
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/4/704:38:06

若い方なのかな。昔、具体的には今から30年程前に、電話級と電信級と言う免許制度があり、それまでは、電話級は電話のみ、電信級は電信のみと言う免許制度でした。その後、法改正が行われ、電信級は電話も含まれる様になり、事実上電信級の方が扱える周波数、及び電波形式が増えた訳です。
その後、電信級は現第3級で、電話級は第4級です。今は、第4級で出力20W、第3級で50Wまで認められる様になって居ますね。当時は、どちらも10Wでした。

今はモールスも電波法の法規の問題で、読み取りになったようですね。モールス符号は、国際無線機関で使用される共通の言葉です。従って、公共の電波を利用して、会話をする訳ですから、符号が合って居ないと言葉として成立しません。
アマチュア無線では、暗号通信は禁止されて居て、モールスと暗号は違います。

この辺りを良く勉強されて、試験に挑んで下さい。

アバター

質問した人からのコメント

2012/4/7 20:49:14

なる程、過去の免許制度の違いが現在に引き継がれているのですね。
私はモールス符号での通信に興味がありアマチュア無線をやってみたいと思いましたが、4アマではやはり無理なのですね。
もう4アマに申し込んでしまったので4アマを受けてきますが、今度3アマにも挑戦してみたいです。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

アバター

ID非公開さん

2012/4/718:39:41

そういう資格だからです。
もし気に入らないなら国会議員にでもなって法律改正すればよいと思います。
資格の聡明期にはさらにもっと違いがありましたが、先人が長い期間国と交渉を繰り返して現在のようなあまり差の少ない現状に落ち着いているという現実があります。

ちなみに、同じ資格でも出力による制限というものあります。
たとえ1アマでも、移動運用に使用できる周波数と電波形式は固定局と同じですが、送信電力の制限というのもあります。

LLLMSSSさん

2012/4/714:55:20

4級では電信(CW他)の電波形式が免許されないので、仕方ありません。
余力があるのなら3級を目指しましょう。
http://www.jarl.or.jp/Japanese/A_Shiryo/A-3_Band_Plan/bandplan20090...

プロフィール画像

カテゴリマスター

fau********さん

2012/4/709:21:36

>第4級アマチュア無線技士の資格ではモールス信号による通信が許可されていないように受け取れます。

はい、許可されていません。

>4アマはモールス符号による通信を除くという制約と、電波の出力と周波数の制約以外は3アマと4アマに差は無いように思えます。

そう言ったら1アマでも「モールスの有無」と「電波の出力」と「周波数」以外は違わないですけどね。
日本の制度では そういったことで各「級」のランク付けをしています。

>普通に考えて電波の出力と周波数の制約さえ守っていれば、通信内容がどうであろうと問題無いと思うので、

とんでもないことです。
一般に無線局は「虚偽の通信」「わいせつな内容の通信」「政府を暴力で破壊することを主張する通信」などは禁止されています。
アマチュア無線では「アマチュア業務」の通信しか行うことができません。
また、アマチュア無線では「他人に依頼された通信」「秘密の通信」「営利目的の通信」などは禁止されています。

「通信内容がどうであろうと問題無い」と思っている人は違法運用をやったり大勢の人に迷惑をかける運用をやりかねないので、アマチュア無線に限らずあらゆる無線局の運用を行わないでください。

>何故モールス符号による通信が制限されるのでしょうか?

言葉が分からない人が無線局を運用していたら混乱しますでしょう?
モールス符号は習熟を要します。モールス通信では独特の略号やQ符号が使われます。
そういったことの習熟が足りなくて、たとえば「貴局の電波は こちらの通信に混信を与えている。周波数を変更されたし。」とか「この周波数では現在非常通信が行われている。非常通信に参加している局以外の局はこの周波数で電波の発射を行ってはいけない。」などの電波が入ってもその意味が分からずにその周波数に居座って通信していたら大勢の人に迷惑をかけることになってしまいます。
4級の試験にはモールス通信の内容が含まれていないので、モールス通信を運用することができません。

そもそも制度として始まった経緯は、それまでの1級2級だけでは初心者に難しくて取り付きにくいから入門的な級を設定しようということで「電話級」と「電信級」が設定されました。
電話級は「無線電話」(音声を伝えるもの)のみで、電信級はモールス通信のみで、どちらもRTTYやSSTVなどの電波型式は運用できませんでした。
入門級に何もかも許可する必要はないでしょう。

cob********さん

編集あり2012/4/706:13:18

>何故モールス符号による通信が制限されるのでしょうか?
結論から回答させて頂きますが、
第4級アマチュア無線技士免許は車の運転免許で言う、オートマ限定免許のようなものです。

そして、昔の免許の名称が分かれば納得されると思います。

第四級アマチュア無線技士:旧 電話級アマチュア無線技士
第三級アマチュア無線技士:旧 電信級アマチュア無線技士
第二級アマチュア無線技士と第一級アマチュア無線技士は変わらず

つまり、第4級(電話級)アマチュア無線技士免許が入門資格で、
それ以外の資格を取得したらCW(モールス通信)可能です。

言い換えると、技術的見地では無く、
第4級アマチュア無線技士免許だけが
CWを覚えないでも運用できるように、
特別扱いされたおまけの資格と言うわけです…orz

CWを運用したかったら、
おまけの入門資格にとどまることなく上級資格を取得して下さい。

hit********さん

2012/4/704:33:46

一般的に言ってCWを覚えて通信することと
音声交信することとを比べると
どちらが難易度が高いと思いますか?
常識的には電信です。
つまりバカは電話級、技術のある人は電信級、知識のある人は2級
というような格差があるわけです。
そのため4/3級と名前が変わっても3級のほうがランクが上で
4級は電信なんかやりたくない人の資格
という本音の資格となるわけです。
技術があれば4級でも電信でもかまわないはずです、
でも大多数は電信の交信を求めていないのです。
この質問は電信ができる人が上から目線でしている印象がありますね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる