ここから本文です

「力不足」と「役不足」の正しい使い方を例文と併せて教えていただけますでしょう...

hum********さん

2012/4/810:31:29

「力不足」と「役不足」の正しい使い方を例文と併せて教えていただけますでしょうか?

補足では「相手を挑発もしくはおちょくる」意味で使う場合にはどちらを使うのが効果的でしょうか?

閲覧数:
14,275
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

dra********さん

編集あり2012/4/810:42:44

力不足
健二君は、この問題を解くには力不足だ。彼の計算力は低すぎる。

役不足
君には、書類整理を手伝ってもらおう。君の能力からすれば、役不足な仕事で申し訳ない。

力不足は、本人の「力」が足りない場合に使います。。役者不足と似た意味合いになりますね。
役不足は、「役」の方が足りない、即ち仕事が簡単すぎて張り合いがない場合などに使います。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tob********さん

編集あり2012/4/820:45:13

「力不足」と「役不足」の正しい使い方と例文。

「Aさんは、課長になるには力不足だ。時期尚早だ」
「あんなに有能なBさんがいまだに係長止まりなんて、役不足だ」
正しい使い方だとこんな感じでしょうか。
でも誤用がこれだけ幅をきかせてくると、正しく通じる保証はありません。

【補足】に関して。
>「相手を挑発もしくはおちょくる」意味で使う場合
「あんたじゃ役者不足だよ」
※「役者不足」は10年以上前に原稿を書いた段階でたまに見かける言葉でした。
「あんたじゃ(お)話にならない」
あたりですかね。

詳しくは下記をご参照ください。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-122.html
以下は一部の抜粋(重言)。

■■■■■■■■■■

(「役不足」の誤用が広まったのは)マンガの影響が大きい。マンガの中での誤用は多すぎて例示する気にもなれない。対決シーンなどで、「キサマでは役不足だ」って感じで使う。これを正しい意味で考えると相当珍妙なことになる。考えてみると、この言葉を正しく使った例って、活字の世界でもほとんど見たことがない。「言葉の雑学」みたいな本では定番だけど(前に文章の書き方みたいな本〈俗称「赤い本」〉を書いたときも、この「役不足」については多少書いたけど、それほど詳しくはふれなかった。「言葉の正しい使い方」と「文章の書き方」は、ちょっと種類が違うと思うもので)。誤用でしか使われない言葉ってのは哀れすぎる。それだけ取り沙汰されているのに誤用が減らないのは、マンガにかかわる編集者の勉強不足としか言いようがない。カッコいいからってヤタラに使うんじゃない。
似た例で言えば、「すべからく」の誤用がよく登場するのも、カッコいいからなんだろうな。えーと。「すべて」と同じような意味で「すべからく」を使うのは誤用。本来は「すべからく……すべし」という形で使う。「すべからく……しなければならない」みたいな形も認められているようだ。なんせ、あの丸谷才一が使うくらいだから。
ちなみに、マンガの中で「役不足」が正しく使われた例を当方は1回だけ見たことがある。一部では現代版『のらくろ』と評される出世魚を描いた作品の中。作品名を書かないことに他意はなく、出世するたびに作品名がかわるので特定できないから。たぶん、「部長」のときだ。フィリピンだかの企業で働く非常に有能な女性を、ヘッドハンティングだか単なるナンパだかが目的で口説く。「君には○○みたいな仕事は役不足だ」
見本にしたいような使い方(してるじゃん)だった。

■■■■■■■■■■■■■■

誤用されることが多い表現としては、次のようなものがよくあげられます。
役不足/さわり/私淑/斜に構える/気が置けない
なかでも目にすることが多いのが「役不足」の誤用です。この言葉はもともとは芝居の用語で、「役者の格に比べて、割り当てられた役が軽すぎる」ことを指したといわれます。これが転じて、一般社会でも「当人の力量に比べて役割などが軽い」という意味で使われるようになりました。
ところが、実際の使用例を見ると、ほとんどが正反対の「力不足」「力量不足」「荷が重い」「荷が勝つ」の意味で使われています。おそらく、「役不足」のほうが語感がよいからです。もう少し正確にいうと、「役不足」のほうがカッコよくて言葉に迫力が感じられるからでしょう。
この誤用が頻繁に出てくるのは、マンガの対決シーンです。
「キサマじゃ役不足だ!」
と相手をののしるときに使われます。
「キサマじゃ力不足だ!」
「キサマには荷が重い!」
と正しい言葉の使い方をすると、間が抜けた感じになります。
「たかがマンガの中の誤用に目くじらを立てなくても……」という考え方もあるでしょうが、マンガの影響力はあなどれません。「役不足」の誤用を目にするたびに、「このまま定着してしまうんじゃないだろうか」と不安を感じます。
もともとの意味を知らなくても、論理的に考えれば「役」が「不足」しているのですから「力不足」とは逆の意味になるのは明らかです。もっとも、「負けず嫌い」のように論理的には説明できない表現もあるので、あまり強くは主張できませんが。
「役不足」にかわる表現として有力なのは、「役者不足」です。誤用に関する本のなかには「そんな言葉は存在しない」と書いてあるものもありますが、感じが出ている言葉だと思います。新聞でも何度か目にしたことがあり、今後は定着していくかもしれません。

■■■■■■■■■■■■■■

「代用語」にちょうどいいと思っていた「役者不足」にも別の問題が……(泣)。
http://1311racco.blog75.fc2.com/blog-entry-1669.html

gad********さん

2012/4/811:22:49

比較的最近の造語である「役者不足」を選ぶのは正しいのか?

kai********さん

2012/4/811:18:23

役不足_力不足

◇「力不足で私には務まらない」と言えば、自分を卑下した謙遜の言い方で、何かの役職を与えられたときなど、こんなふうに言うことがあります。与えられた役をこなせるほど自分には力がないと謙遜しているわけですが、そんなことはないから役が与えられたことはお互いにわかっており、聞いている方は、その謙遜を悪く思わず、謙虚ないいやつだと思います。

しかし、一文字間違って、とんでもないことを言う人もいます。
◇「役不足で私には務まらない」と言うと、反対に、不満を述べた尊大な言い方になってしまうわけです。「役不足」とは、役者が自分に与えられた役に不満を抱くことで、つまり、与えられた役割は、自分の実力に対して軽すぎると言っていることになります。
この一言で受ける評価は、よほど思い上がった人間だと思われるか、よほど日本語を知らないヤツだと思われるかのどちらかでしょう。

..本来、自分の側を卑下して使われるはずの「枯れ木も山のにぎわい」(つまらないものでもないよりはましであることのたとえ)ということわざを、目上の人に向かって
...先生、「枯れ木も山のにぎわい」と申しますから、ぜひ出席なさってください。
のように使う学生がいるそうであるが、これでは、結果的に相手である先生を侮辱したことになります。

cha********さん

編集あり2012/4/814:59:46

「役不足」に対応する言葉は
「役者不足」です
正しい方をお使いになるようお勧めします

>比較的最近の造語である「役者不足」を選ぶのは正しいのか?
比較的最近の造語?
とんでもございません
ずっと昔からの言葉で山間部には伝わらなかったのかと存じます
知ったか振りもほどほどに

補足
おちょくる場合両方そんな意味がありません

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる