ここから本文です

根抵当権設定登記後に元本確定期日を定め、その登記前に確定期日が到来した場合に...

mom********さん

2012/4/1007:50:38

根抵当権設定登記後に元本確定期日を定め、その登記前に確定期日が到来した場合について

元本確定期日を後で定めた場合、その期日を登記できますよね?

その設けた確定期日を登記する前に、確定期日が到来して元本確定、
その後に債権譲渡による根抵当権移転登記をする場合、

前提として、元本確定期日を設けた旨の変更登記をする必要がありますか?

閲覧数:
490
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

shi********さん

2012/4/1008:54:21

債権譲渡による根抵当権移転登記を申請する場合には、根抵当権の元本が登記簿上確定していることが明かな場合以外は、元本確定の登記を申請しなければなりません。

確定期日を定めて登記してある場合には、期日の経過によって元本確定が明かとなりますので、改めて確定登記をする必要はありません。

確定期日を定めたのに登記をしていない場合には、当事者間では元本が確定しますが、登記簿上元本の確定が明かではありませんので、根抵当権移転登記の前提として元本確定期日を設けた旨の変更登記をする必要があります。

質問した人からのコメント

2012/4/17 07:41:55

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる