ここから本文です

デイビッドアイクが人間は爬虫類人(レプティリアン)に支配されているという陰謀論...

mas********さん

2012/4/1318:00:00

デイビッドアイクが人間は爬虫類人(レプティリアン)に支配されているという陰謀論を唱えていますが、これって信憑性ってありますか?誰か論破できませんか?怖くてなりません。

誰か安心させてくださいお願いします。

閲覧数:
725
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nib********さん

2012/4/1618:44:02

そもそも、あのアホ話のどこに信憑性を感じたんでしょう・・・

ぶっちゃけ、イマヌエル・ヴェリコフスキーやゼカリア・シッチンのパクリでしかない。
本家が木っ端微塵に論破され尽くしてるんで、彼らの亜流でしかないアイクなぞ論外だと思うのですが。

つか、爬虫類人・・・
それも「目に見えない」存在・・・
これ、もう宗教でしょw
誰にも実在を証明できないんですから。

質問した人からのコメント

2012/4/17 18:30:46

そうなんですか。確かにおかしな話ですね。安心しました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

win********さん

編集あり2012/4/1507:48:25

爬虫類脳のことですね
人間には誰にでもありますね
人間に覚醒が起きていない状態のこととも言えると思います

霊覚では爬虫類宇宙人として歪曲して見えてしまうことが多いようですね

民族的にはイギリス系にも見えるかもしれません
または意識進化とは逆の流れの人間の意識のことです
支配する支配されると、これまでの人間の世界の闇の部分のことですね

いずれにせよ
今は人間が覚醒に誘われている時代です
つまり我々次第です

sur********さん

2012/4/1410:15:58

論破したところで真実が変わる訳でもなし。

2012/4/1406:27:50

永劫の昔リラ人がレプティリアンの襲撃を受け、生き残ったリラ人は他の星に散らばっていった
リラ人の子孫は、プレアデス星・プロキオン星・火星・などに避難した
地球でレプティリアンとリラ人の子孫の戦争がはじまり、長い間続いた為、リラ人の子孫が中止にしようと言い始めた

そしてリラは『この地球に全関係者の遺伝子を入れ、新しい人種を作ろう』と言った
レプティリアンは『我々の肉体を新人種の基盤にするなら賛成』と言った
人間の胎児がまず、爬虫類として発達し、そのあとで人間らしい姿になる理由もここにある


「我々の姿形で、我々が人間を作ろう」(創世記第一章二十六節)
こうして 12種類の人間と1種類の爬虫類人によって人類が作られることになった

全関係者の納得がいかないかぎり、作られては消滅させられた
考古学者の地層分析によると、人類の祖先は現れては突然消滅するのを繰り返しているらしい

※その生き残りがイエティやビックフッド

↑僕の知恵ノートを見てください
別に怖がる必要はありません

永劫の昔リラ人がレプティリアンの襲撃を受け、生き残ったリラ人は他の星に散らばっていった...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる