ここから本文です

個人間における金銭の貸借関係のトラブルは、枚挙にいとまがありません。原因結果...

enc********さん

2006/7/105:14:56

個人間における金銭の貸借関係のトラブルは、枚挙にいとまがありません。原因結果の法則で鑑みますと、返済約束を違える借り主は悪人でありますが、易きに流される様々な原因は貸す側にもあるかと考えます。「貸さない方が良い!」との統一的な判断が大半であるにもかかわらず、大別しますとその実態は、以下の①~④が思い浮かびます。明確な調査結果でなくとも、おおよそでも想像でも結構ですので、各?%をお教え下さい。

①口約束で貸す。?% ②メモ紙・名刺などに住所名前・サインで貸す。?% ③便箋、借用書に明記し捺印の後貸す。?% ④公正証書に認めて貸す。?%
(①~④を+すると100%になるようにお願いします)
例:①30%②25%③25%④20%

閲覧数:
504
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gan********さん

2006/7/723:59:16

なぜお金かさなければいけはいのですか貴方が利息欲しさにするならそれは
法律違反になります兎に角金の貸し借りはしない事です

質問した人からのコメント

2006/7/8 07:42:00

貴方が仰るのがベストアンサーなのですが、現実にお金が起因して友情や信頼関係を壊している事実を鑑みて、結果に対する根拠や原因となる強弱の%を知りたかったのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる