医師が後遺障害診断書の健側(右肩)と患側(左肩)の関節可動域を間違えて反対に書いていました。 その件で明日午前に書き直してもらうため、予約を入れました。

医師が後遺障害診断書の健側(右肩)と患側(左肩)の関節可動域を間違えて反対に書いていました。 その件で明日午前に書き直してもらうため、予約を入れました。 その様な理由で先程も質問させて頂きましたが、明日まで時間が無いので同様の質問をお許し下さい。 当方、1年半位前に勤務中の事故で左肩を痛めました。 つい先日まで労災で通院していたのですが、症状固定となり、労災保険で行う後遺障害{障害(補償)給付の請求手続}の申請をし、担当医に診断書を書いてもらいました。(関節可動域が右と左が逆になっていました。) 疼痛が改善せず、肩関節可動域制限が残存した旨を書いてもらいましたが、傷病名の左肩打撲後遺症というのが気になっております。腱板損傷等だったら認定され易いとは思うのですが・・・。 ちなみに可動域は屈曲、外転共に健側に比べ4分の3以下です。 屈曲(健側130、患側180)外転(健側160、患側90) 先程、補足で追記した内容です。(医師から拘縮があると診断されましたが、そちらも診断書に記載してもらうと認定され易いでしょうか?また、痺れがあり、それも医師に伝えておりますが、そちらも記載してもらった方が良いのでしょうか?) 仮に補足で追記した内容を医師に記載して頂いた場合ですが、上記の状態で労災保険の後遺障害に認定されるでしょうか? お知恵をお借りできれば助かります。

交通事故785閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

確かに打撲で1年半治療が必要というのも、それで後遺症というのも変ですね。 他に傷病名があってもよさそうに思います。聞いてみてはどうですか。 拘縮があるから可動域制限があるので、書いてなくてもよいと思います。 痺れは書いてもらって損はないので書いてもらえばどうですか。 することをして、後は結果を待つしかないですね。

その他の回答(1件)

0

>医師から拘縮があると診断されましたが、そちらも診断書に記載してもらうと認定され易いでしょうか? >また、痺れがあり、それも医師に伝えておりますが、そちらも記載してもらった方が良いのでしょうか? 書いてもらいたければ書いてもらえばいい。それが書いてあるから認定される可能性が高まるとは考えにくい。 >上記の状態で労災保険の後遺障害に認定されるでしょうか? 非該当の可能性が高い。 --- 画像所見では器質的な異常なしなんでしょ? 視診、触診(圧痛、軋音、機能診)ではどのように評価されているのでしょうか? また、初診時の所見、自覚症状、治療状況、リハビリ等はどのようになっていますか? 「打撲で肩が上がらないから」などというだけで後遺障害に認定されるほど甘くはありません。