ここから本文です

沖縄の本来の言葉は、日本語と中国語のどちらに近いのでしょうか?

王将2号店さん

2012/4/2701:25:24

沖縄の本来の言葉は、日本語と中国語のどちらに近いのでしょうか?

日本語と中国語は、文法が明らかに違います。
そして、現在の沖縄県民は、日本語の文法で会話をしています。
しかし、かつての沖縄である琉球王国は、独立国として日本と中国の間にあって、両国とも活発に交易を続けました。
どちらかと言えば、中国とのつながりの方が強いように感じるのですが、言葉は日本語・中国語どちらに近かったのでしょうか?

閲覧数:
699
回答数:
8
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

中道彦三さん

編集あり2012/4/2709:38:42

ちらっと調べたら、完全に100%の日本語でした。千年間まではインドネシア系原住民が住んでいた島に、平安時代に日本人がやって来て、住んで、日本の文明や文化を伝えたそうです。台湾の方には同じような状態に、福建人が入って来て、島の西側に住んだようですね。だから台湾にはインドネシア系の少数民族が今でも残っているが、沖縄の方は日本民族に完全に埋没しちゃったようだね。

只、本土のように、封建主義の発生はなかったようです。だから沖縄人の武士はいませんでした。その意味では中国と同じく古代のままに留まっていたわけで、その意味では中国的でしょう。だから、言いたきゃないけど、日本本土よりも、中国の方が理解できる面があるんじゃないかな?無理しないでも良いと、ホッとする面があるんじゃないかな?

質問した人からのコメント

2012/5/3 18:17:04

笑う 皆さんありがとうございます。
なっとくできました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

oum********さん

2012/4/2711:45:49

今現在沖縄に住んでいる人たちは、現在の日本語の基になった言葉を話していた人たちの末裔(つまり本土の日本人とルーツが同じ)なので、言葉も本土の日本語と同じルーツから変化したものです。
当然、基本文法や語幹などに日本語との共通性が沢山見られます。

言葉というのは分かれた後でそれぞれにどんどん変ってゆくので、逆に昔に遡れば遡るほど今の日本語と沖縄語の違いよりも、差異が少ないはずですよ。

tin********さん

2012/4/2707:48:17

むしろ沖縄の言葉が古来の日本語に最も近いと言われてます

sha********さん

編集あり2012/4/2705:03:20

学校の教科で言うなら古典の文法や表現が読めると沖縄の方言が理解出来ます

カラオケで『涙そうそう』の方言バージョンの歌詞を見ると日本語との比較が出来て面白いですよ

ito********さん

2012/4/2702:38:04

もちろん日本語ですよ。

世界中で日本語系の言語は、本土語(というべきか?普通の日本語)と琉球方言しかありません。

逆に琉球や先島の言葉は、現代の日本語が平安時代に失ったfa→haのような発音形式を良く残していて、古代の日本語を復元する研究の手掛かりになるくらいです。

jad********さん

2012/4/2702:13:26

日本語源だとおもいますよ
方言辿っていったら標準語ぽいのは結構ありますよ。
清らか→きよらか→きよら→ちゆら→ちゅらみたいに。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる