高速道路 と 一般道 「燃費は 高速が1.5倍 向上する」 で 大まかな目安としては 合っていますか?

高速道路 と 一般道 「燃費は 高速が1.5倍 向上する」 で 大まかな目安としては 合っていますか?

自動車630閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

自分の車(10年前の1300cc)はカタログ燃費が16.5km/L、 通勤時の一般道が11km/L、高速80km/h走行で19.5km/L、 高速100km/hで14km/Lです。 一般道(11km/L)の1.5倍が16.5km/Lなので、だいたい これだと90~95km/hの速さで走り続けたときの燃費に近いです。 おおまかな目安としては良い線いっているかと思います。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん ありがとう。 参考になりました。

お礼日時:2012/5/6 13:53

その他の回答(4件)

0

平均したらそれくらいでしょうね。 排気量が大きいほど、高速燃費は良くなるようです。 逆に軽自動車は、大して変わらないか、悪くなる事もあるようです。 因みに私が以前乗っていた4000CC車で、市街地で4~5km、高速で120キロ巡航で12kmでした。

0

一般にどの車であっても、80km/hを越えると急激に空気抵抗が増します。 つまり80km/hならばどの車であっても、燃費が市街地よりもかなりよい結果になるはずです。 燃費というのは1リッターで走れる距離だけでなく、時間的要素も加味されるので、市街地ならば50~60km/hが一番燃費がよく、高速道路ならば80km/hが最高燃費となるように設計されています。 ただし、80km/hを超えると急激に空気抵抗は増していき、100km/hでは市街地の40km/hの燃費程度に落ち込みます。