ここから本文です

バイクの年式や走行距離について・・・ 中古バイクの本などを見ていると、19...

lov********さん

2012/5/307:44:00

バイクの年式や走行距離について・・・

中古バイクの本などを見ていると、1990年代のバイクや、2万~3万~5万キロ走行などなど・・・

車の感覚で言えば、10年落ちとか、10万キロ走行の中古車は、なかなか

購入しないと思うのですが・・・

中古バイクだと、10年~15年落ちとか、あたりまえの感覚なのでしょうか?

1990年式バイクでも、走行に支障はないものなのでしょうか?

今、購入を検討しているのが、1996年式で、約25000キロ走行のビラーゴ125です。

大丈夫なものでしょうか・・・教えて下さい。

閲覧数:
3,568
回答数:
6

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

feb********さん

2012/5/400:17:28

バイクは車よりももちません。小排気量を高回転で回し、転倒などもおきるので、より消耗が激しくなります。そうしたバイクが売られているのは、90年代に比べて2000年以降は新車バイクがほとんど売れないので、程度のよい中古がほとんどないのです。また、契約に慣れていない若い人が知らずに買うことが多いので、外見さえきれいならだまされることが多いのです。車とバイクの双方を中古で買ったことがあると、バイクの中古の程度の悪さはかなり悪質です。

正直、16年前、25000キロのビラーゴは、よほど個人的に思い入れがなければやめた方がよいです。動かなくても、見ているだけで幸せなら止めませんが。

むしろ新車を買って、2-3万キロぐらい乗って、あとは誰かに売りつける方がよいでしょう。125ccのMT車は少し探せば新車で十数万円で売っているのがあるので、メカニズム的にははるかに信頼できます。GN125とか、YBR125とか。

http://autos.goo.ne.jp/bikeused/detail.html?bike_id=8500241B3012012...

http://autos.goo.ne.jp/bikeused/detail.html?bike_id=8700349B3012012...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mur********さん

2012/5/315:06:38

そうなんですよね、車の目線から中古バイクの年式を見ると私も同じような気持ちになります。
きっちりバイクとして見るとメンテナンスという行為が車と比べるととんでもなく容易に出来るんです、しかも細部まで。 それの影響で長持ちしてるのではないかと思います。

utu********さん

2012/5/308:31:35

ビラーゴ125とは珍モデルですよ。

バイクの世界で言えば90年代だろうが80年代だろうが、車で言う
15年落ちとかそういう感覚はバイクをよく知らない人だけが持つ感
覚です。
10年落ちとか、そういう考えはしないのが普通です。

20000KM走行なんかでも、それが10万キロ走行に該当しないし、
3万キロや5万キロを過走行だと見てしまうのも素人目です。
日本車は優秀ですので、車並みに10万キロ以上の走行が可能です。
40年前の旧車でも、同年代のH-Dよりも故障が少ないという事実が
物語っています。

さてビラーゴ125ですが、昔欲しかったバイクです。
香港向けやオーストラリア向けに輸出されたバイクで、製造自体は日本
国内です。
250の部品が流用できたり、昔と違ってネットで情報を共有できる時代、
ネットで部品も取り寄せられる時代。
部品が全く買えない訳ではありませんよ。

ほぼ250と変わらないので、密かにマニアの間では人気があります。
125なのに250と全く同じ外見で、125ccクラスでは本格的な造り込みで
実は人気車種だったりします。

new********さん

2012/5/308:05:24

あなたが全くの素人なら買わないほうがいい。それなら詳しい友人がいてその人が見てくれるならいいと思う。私なら、そのバイクを診て、その後のメンテナンスにどれくらい費用がかかるか計算します。キロ数は考えません。エンジンの音で判断します。フレームは触ってガタがどれくらいあるか診ます。機械ものですから、大丈夫かどうかはわかりません。これならというレベルで納得できればOKとします。あとはそのバイクをいつまで乗るかですね。旧車でもないし?難しいですね。

ken********さん

2012/5/307:57:31

日本の工業製品ですからきちんとメンテナンスを行い、
必要な時期に必要な部品を交換していれば、
車だってタクシーなんかは20~30万キロ走りますしね。
バイクも80年代の物や90年代初期の物を持ってますが、
特に問題無く使っています。

ただ、排気量が小さくなればなるほど寿命は短いでしょうね。
常に全開に近いですからね。
大排気量なら最大回転の1/3とか1/2で走れてしまいますから。

年式に関してはゴム製品等の劣化が問題ですね。
走行距離は125ccで25000kmは私ならば躊躇します。

doz********さん

2012/5/307:54:53

1990年代は、今と違って各メーカーでは性能優先主義だった時代です。
性能優先以外にも今では考えられないような珍車種も多く存在していました。
当時はバイクブームで、各メーカーで出せば売れる。という時代。
売れまくっていたため中古でもかなりの台数が出回っており、今では排気ガス規制や騒音規制等の影響で人気車種だったにもかかわらず生産終了になった車種も多く存在しています。

ゆえに、10年や20年前の車種でもそれなりに程度が良ければ高値が付いている状態です。
実際には、メーカーでの純正部品も欠品している車種もあり整備に苦労する車種もあります。



ビラーゴ125は、輸出専用モデルで、日本では正規販売されていなかった車種です。
部品も日本国内ではなかなか入手しにくいかと思います。
せめて日本国内で販売されていた車種のほうがまだマシです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる