ここから本文です

課税仕入の範囲というのは、その支払いに対しては消費税を支払っていなくとも(課...

sac********さん

2012/5/516:33:53

課税仕入の範囲というのは、その支払いに対しては消費税を支払っていなくとも(課税取引ではない場合でも)納税額を算出するときに、課税仕入として参入しても良いということですか。

第2節 課税仕入れの範囲

(出張旅費、宿泊費、日当等)

11-2-1 役員又は使用人(以下「使用人等」という。)が勤務する場所を離れてその職務を遂行するため旅行をし、若しくは転任に伴う転居のための旅行をした場合又は就職若しくは退職をした者若しくは死亡による退職をした者の遺族(以下11-2-1において「退職者等」という。)がこれらに伴う転居のための旅行をした場合に、事業者がその使用人等又はその退職者等に支給する出張旅費、宿泊費、日当等のうち、その旅行について通常必要であると認められる部分の金額は、課税仕入れに係る支払対価に該当するものとして取り扱う。

補足日当を支払うときは日当1000円に消費税ゼロ円となります。仮に、この日当を経費として1200円の収益を上げたとき、この収益が課税取引のとき、1200円プラス消費税60円申し受けています。取引がこれだけのとき納税額を計算すると1200円ー1000円x5%=10円となります。仮受消費税が60円ですので10円を納税して50円を雑収入として良いですか。

閲覧数:
1,013
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moz********さん

編集あり2012/5/518:42:55

税抜き処理をしていれば、この日当等についても仮払消費税が計上されます。
旅費日当952/現金1,000
仮払消費税48

この通達は、国内で使われることを前提とした旅費日当等は、課税仕入だよと言ってるだけです。

課税仕入か否かは支払先が消費税を納付しているかどうかは関係ありません。
条文をきちんと読んで下さい。

まず、課税仕入の定義。
十二 課税仕入れ 事業者が、事業として他の者から資産を譲り受け、若しくは借り受け、又は役務の提供(所得税法第二十八条第一項(給与所得)に規定する給与等を対価とする役務の提供を除く。)を受けること(当該他の者が事業として当該資産を譲り渡し、若しくは貸し付け、又は当該役務の提供をしたとした場合に課税資産の譲渡等に該当することとなるもので、第七条第一項各号に掲げる資産の譲渡等に該当するもの及び第八条第一項その他の法律又は条約の規定により消費税が免除されるもの以外のものに限る。)をいう。

上記にあるように、事業者が行なう購入取引は、非課税と輸出免税(保税地域内での取引)を除き「課税仕入」となります。支払先が納税義務者であるかどうかは関係ありません。

質問した人からのコメント

2012/5/5 19:49:39

>この通達は、国内で使われることを前提とした旅費日当等は、課税仕入だよと言ってるだけです。

これで分かりました。有難うございました。

rtrtuiplさん、ignorantignorantignorantさん、buchbeweisさんも有難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

buc********さん

編集あり2012/5/518:45:04

頭がわりーんだか、センスがないんだか、どっちだ?

>消費税を支払っていなくとも

あんたの言う『消費税を支払う』とか、『課税取引ではない』の定義は、
いったいなんなの?

とりあえず定義をよく読めよ。


定義(消費税法第2条)
http://nzeiri.sppd.ne.jp/syohi/22/ho/2.htm
第1項第12号 課税仕入れ


【補足】

>日当を支払うときは日当1000円に消費税ゼロ円となります。

この、くるくるぱー、簿記もできねーのか?

(交 通 費)952 /(現金)1000
(仮払消費税等)48

ign********さん

2012/5/517:11:22

課税仕入として算入する必要がないと言う事ですし、算入するにしても0円なので全く意味を成さないという事です。


課税仕入とは、消費税の計算上、課税売上から控除される仕入金額のことですから、その消費税を支払っていないという事は控除できないという事です。

課税仕入は、通常の事業上の仕入だけではなく、消費税の支払いを伴う経費や資産の購入も含まれるのですが、質問者様が仰っている、消費税の課税対象とならない経費の例としては、減価償却費や引当金繰入額、事業税や印紙代などの租税公課、海外出張旅費などがありますが、その場合は課税仕入れとして算入しません。

消費税の納付税額の計算で「控除対象仕入税額」というものがありますが、そこに入れないという流れになるのです。

rtr********さん

2012/5/516:48:58

課税仕入にしても、預かった消費税から減額できるのは支払った消費税のみだからもともと支払ってない消費税は支払った消費税にはなれないのでは?
取引がまずあって、それが課税か課税でないかの判断。それで課税取引となった場合、支払った側には消費税はないはずでは?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる