ここから本文です

ぶどうジベレリンについて。 その時期について詳しく教えてください。 ①満開...

nnn********さん

2012/5/720:57:52

ぶどうジベレリンについて。

その時期について詳しく教えてください。

①満開12週間前というのはどのようにしてわかるのでしょうか?

②ジベレリンを2回する理由を教えてください。何故一回ではだめなのですか

③農薬をするとき、直接果実にかかっても大丈夫ですか?

④ぶどうに屋根が必要な理由を教えてください。

閲覧数:
31,983
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

see********さん

編集あり2012/5/917:16:40

(1)満開「2」週間前(14日前)のことですね。
通常は「○年△月×日:転葉4.5枚平均、花穂しっかり」というふうに栽培日誌を取り、それを翌年以降に活かします。
(葉の転開数から推測できるようになります)
この他、地域内でブドウ農家が数軒あるようでしたら、農協などから予報を出していることがあります。
似たような気候・環境の産地がわかるようでしたらこうした予報がweb上で見られるところもあります。
ジベレリン単用の場合は1回目の時期についてはかなり厳しくなるようです。
(早いと花ぶるいという生理落花現象を強くさせますし、遅いと種子が入りやすくなります)
ある程度余裕を持たせたい場合には1回目の処理時にジベ溶液へ「フルメット液剤(ホルクロルフェニュロン剤)」を添加したものを用いると4日間ほど前倒しが可能となります。

(2)満開2週間前に1回目の処理を行うのはデラウエアなど米国系2倍体品種だと思いますが、この場合1回目で種無しになるものの、そのままでは果実が肥大しにくくなりますので、2回目の処理で肥大を促進させます。
(ジベレリンは元々細胞を肥大化させるための植物ホルモンで、これをブドウに用いてあれやこれやと実験をしている内に種無し化することが見出されて、それが現在までに確立された技術となっております)

(3)その農薬の説明書にある通りの適切な散布であるならば、何ら問題はありません。

(4)ブドウは乾燥する気候に適した植物で、日本のような湿潤な気候ではどうしても病気に罹ることが多くなってしまいます。
特に雨だれによる病原菌の伝播は思っている以上に凄まじいものですので、せめてそれを防ぐ為にと雨除けをすることが多くなっているようですね。
他には地面まで雨が掛からないようにすれば水分調節を人の手で行わなければならない分コントロールが可能となります。
雨除けは裂果しやすい品種には最低限必須なことでしょう。
(実際には湿気を葉面などからも吸収するので土中水分だけが問題ではないですが)


=======================
merries_pants_nobinobiさま

ご意見、拝見させていただきました。
この内容については私自身様々な参考書やサイトなどを参考にしてきたため、どうしてもこのような表現になってしまい申し訳ないです。
もし文面に類似なところがあり、それが著作権法などに抵触するようでしたら、すみやかにこの回答を取り下げさせていただきます。

>花が何時、満開になるかは「掛」に等しいと思いますよ。
>天候、気温次第だし。
私自身何度も苦い思いをしてきましたので、結局フルメットに頼るようになりました。
ストマイには何か抵抗感が強くて、まだ試用するまでにも至っておりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「ジベレリン処理」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mer********さん

2012/5/914:28:26

seedlesskyohouさんの回答は「教科書どおり」で正解だけど、どこから引用したかサイトを紹介すべきと思うね。
一度、読んだことのあるサイトだし。
でも、素人には難し過ぎなんですワ。

花が何時、満開になるかは「掛」に等しいと思いますよ。
天候、気温次第だし。

ジベレリン処理は「直接、実に浸け」ないと意味をなさないよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる