ここから本文です

交通事故 後遺症障害 事前認定 示談 慰謝料

fou********さん

2012/5/721:34:50

交通事故 後遺症障害 事前認定 示談 慰謝料

交通事故 後遺症障害 事前認定
交通事故で約240日治療日数で通院120日、内訳約60日は整形で60日は接骨院に通院しまして、
痛みが治らず、後遺症障害の申請したら事前認定の結果非該当となりました。
症状は頚椎捻挫で全治10日でした。
痛み残ってますが、このまま示談したほうがよいでしょうか?
事故の時は自分が停車中に後ろから突っ込まれてきました。
車の修理代は40万位かかりました。
保険会社はソンポです。
意義申し立てして、もう一度後遺症障害の認定したほうがよいでしょうか?
その時は違う整形に行き、MRIやCTなど撮ってもらって診断書のみ書いてもらうことって可能でしょうか?
今まで通院していた、整形は普通のレントゲンしか無く、レントゲンでは異常無しでした。
同じ整形に行って同じように診断書、書いて申請しても結果は同じだとおもいますが、どうでしょうか?
あと、示談金なんですか、約交通費が2万で、慰謝料72万で、トータル74万といわれましたが、
紛争センターに行ったほうがようでしょうか?
休業補償で25万ほどいただいております。
詳しいかたわかる範囲で結構ですから、アドバイスお願いいたします。

閲覧数:
15,638
回答数:
6
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

松浦さんの画像

専門家

2012/5/802:40:10

交通事故の後遺障害に対する非該当の異議申立にてついて

今回の後遺障害は、14級9号が認定される可能性がある、後遺症と思われます。

後遺障害14級9号は、基本的に通院期間や回数等を考慮して判断します。
今回の、通院歴では特別悪影響といった症状ではないと思います。

よって、異議申立を検討すべきでしょう。
具体的な、等級認定の可能性は、今回の質問のみでは難しいですが、70%程度の変更の余地はあると思います。

なお、後遺障害14級9号でも認定されると、慰謝料は3倍程度変わりますので、慎重にしてください。
詳しくは、下記のHPを参考にしてください。
http://jiko110.org
http://mutiuti110.jp

>その時は違う整形に行き、MRIやCTなど撮ってもらって診断書のみ書いてもらうことって可能でしょうか?
今まで通院していた、整形は普通のレントゲンしか無く、レントゲンでは異常無しでした。

主治医を介して、別の病院で検査を受けてください。
異議申立の診断書を記載してもらえるのは、今まで通院していた主治医となります、勝手に違う病院に検査を受けると、後にトラブルとなる可能性がございます。

慰謝料については、自賠責保険の基準・旧任意保険の基準・裁判の基準がございます。
詳しくは下記HPを参考にしてください。
慰謝料(自賠責保険・旧任意保険基準・裁判基準等)の参考
http://jiko110.org/accident/standard.html
http://mutiuti110.jp/kijyun.html
http://mutiuti110.jp/isyaryou.html

紛争処理センターは、後遺障害の等級に満足が行き、上記の裁判基準の金額と提示金額の差額で判断すべきでしょう。

なお、今回の回答内容は、私の交通事故・後遺障害実務の経験より回答しております。
http://mutiuti110.jp/kekkaichirei.html
http://jiko110.org/settlement/settlement.html (私の業務実績の一例です)

最後に・・・
私は個人情報を公開(実名)して回答しております、回答には専門家なりの自信を持っています。
もし正反対の回答があれば、殆どがアンチ専門家(行政書士)に対する嫌がらせです。

そのような回答で、迷惑を被るのは私でなく、質問者様自身です。
交通事故の相談は、ご自身の将来を左右する重要な事項です。

匿名の回答を鵜呑みにせずに、必ず、ご自身で他のホームページ等で、真偽を確認してください。


私も人間ですので勘違い(被害者と加害者を間違えているなど)の可能性もあります

、私の回答に疑義がある場合は、個別に質問して頂ければ、回答します(基本的に、質問者様に限定しますが、まとまな質問なら回答します)。

大変だと思いますが、頑張ってください。
以上です。


尼崎市(大阪市)の交通事故・後遺障害専門の行政書士が回答致しました。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

回答した専門家

松浦さんの画像

松浦 靖典

行政書士

交通事故専門の行政書士です。お節介な程熱意をもって接します。

[お知らせ] 全国対応・毎月3名 限定無料キャンペーン! 後遺障害・異議申立の等級認定の可能性を無料判断 □ 傷みやしびれ等が残っているけど、申請すれば後遺症に認定される? □ 等級の認定結果が非該当だった、なんで認定されないの? やむち打ち症状...

この専門家がベストアンサーを獲得した回答

※お問い合わせの際は、知恵袋を見たとお伝え下さい

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

inc********さん

2012/5/1001:00:38

総合コンサルタントで損保相手に交渉の立会いもしているものです。

rocketbiker_r66さん、おしいです。決済権を持っていないからわからないのでしょうね。

fourseasongameさん、質問の文章だけで読み取らせていただきます。
まず、問題とされるのは、接骨院の60日です。
接骨院に通院する理由が一般的に誰が見ても正当で、整形の医師の指示のもと、リハビリだけ接骨院でおこなっていたのかどうか?
この点が着目されるのです。
故に今回の場合、240日に対するリハビリ回数の絶対数が少ないのです。
つまり簡単に言えば「それほど、痛くないだろう。」と判断されるのです。
次に、休業補償の25万円です。
1~2ヶ月の休業補償でしょうか?
今は、働けるし日常生活に支障が無いとの判断を、医師もソンポもしているということが推察されます。
ここでも、「それほど、痛くないだろう。」と判断されるのです。
では現時点で、fourseasongameさんに出来ることは何か?
痛いのであれば、通院の必要性をソンポに訴えるのです。
それでも、後遺症障害を認めないのであれば、紛争になり弁護士に相談することです。
事前認定は事前認定でしかありません。
それと、間違っても、行政書士に相談してはいけません。
行政書士は示談にかかわる一切のことを禁止されています。
何のために行政書士に・・・と疑われてしまいます。
yc_allabout_yasmatuuraさん、協会はあなたがたの行為は存在しないと言っていますよ。

ngm********さん

2012/5/822:31:00

質問者さんが最終的に納得いく示談をするためにも異議申し立てをする事と粉センを利用する事は有効だと思いますよ。
これは「後遺障害等級が認定されるされない」や「賠償金の金額」だけの話ではなく、質問者さんが「ああしていれば良かった」と示談後に後悔をしない為にです。

それと14級程度の異議申し立てや粉センの利用等は個人でも出来ます。
自称「交通事故・後遺障害の専門家」を称する人間に無駄な手数料を払い、その上解決後に「成功報酬」という名目での多額の請求金額を支払う必要はありません。

最終的に「納得できる示談」「後悔しない示談」をするためには、やはりご自身で勉強・努力をする事も必須だと思います。
良い結果出るように頑張って下さい。

chi********さん

編集あり2012/5/1302:12:57

事前認定で「該当」を望むのは無理です。
任意保険会社の為に有る、システムですから。

経過診断書・後遺障害診断書等とレントゲン・MRI・CT画像で判断するのですから、重要な書類作成を任意保険会社に任せる事に無理が有ります。
自賠責保険の補償金額を超える金額は、任意保険会社の支払いになる訳ですから。

後遺障害等級のご案内の別紙に、「結論」と「理由」が記載されています。
任意保険会社から書類をもらい、「理由」の部分を補う書類・画像等を提出、異議申し立てをする事で「該当」になるかもしれません。

自賠責保険会社に「被害者請求」という請求の仕方が有る事も分からないのですから、交通事故専門の弁護士又は、行政書士に相談の上、業務委託されるのが良いと思います。
金銭的に余裕が有れば弁護士に、余裕が無ければ行政書士に、業務委託するのが良いでしょう。
因みに、上記の方が記載している様に、行政書士は示談交渉は出来ません。矢面に立つのは本人です。

私は、追突事故後1ヶ月半頃、行政書士に業務委託しました。
「被害者請求」から約2ヶ月後に、14級9号「該当」との通知が有りました。
因みに、着手金31,500円+成功報酬
(経済的利益300万円未満の場合10%)です。
行政書士事務所でも、料金にかなり差が有りますのでHP等で探して下さい。

参考にどうぞ。
異議申し立ての検討
http://www.ko2jiko.com/case/36.html
後遺障害に関する異議申し立て
http://www.jiko110.com/contents/siharai/igi/index.php?pid=3083&id=1...

sik********さん

編集あり2012/5/722:51:54

紹介状書いて貰い、大きな病院でMRIの検査、針筋電図検査。

事前認定は認める処では無く、否定するところなのです。そこのところ勘違いしていますね。

8級を非該当にした馬鹿医師もいました。

被害者請求にしないと、保険会社のリサーチ会社の医師が余計な意見書をぶら下げて来て非該当。

パンチングテスト=首を大きく前後左右に動かして手とか腕が痺れないなら「非該当」
現状、自賠責は「骨格」に異常が無いと認めない傾向。

MRIで神経根の検査さえ怠る医師は保険会社側の医師でしょう。

神経はレントゲンでは映りません。MRIにて初めて黒く映るのです。
この黒い部分が左右均等なのが正常。(水平の画像)

立てにスライスした画像で、脊髄の状態が判明します。途中で妙に凹んだりしていたら外傷性神経根症。=首を大きく傾けると親指が痺れる筈です。

頸椎損傷でMRI撮らないなんて信じられませんが。


やり方はもう一つ。
自分の健康保険で大学病院等の大きな病院に行き絶対に交通事故とは言わずにMRIを取る。診断書も取る。(症状が在るなら)診断書の名目は「会社に出す」とかでも良いのでは。



MRIを借りてきて、診断書持参して元の病院にて、後遺障害診断書の書き直し。「他院のMRIにて神経根の異常を認める」とか書いて貰いましょう=誤診ですから、医療契約違反です。

MRIが無いなら相手にされませんよ。問題外。

神経根に問題が在るなら自賠責から必要な書類が送付されます。(被害者請求なら)その中に神経症状の項目が在ります。
それを上手に作成してもらいましょう。各種の神経症状の検査結果を記載する書類が有るのです。

加害者請求だと保険会社が握りつぶして、はい、おしまい。。

roc********さん

2012/5/722:02:41

損保会社で人身事故の担当者をしています。

以前のご質問に何度か回答させていただいております。

>もう一度後遺症障害の認定したほうがよいでしょうか?

過去のものも含め、ご質問内容からは異議申し立てで後遺障害等級が認定されるかどうかは不明だと思います。あくまで個人的な印象では「非該当」の結果は変わらないと思いますが、特に根拠はありません。

異議申し立てをするかどうかは、ご質問者様次第のように思います。


>違う整形に行き、MRIやCTなど撮ってもらって診断書のみ書いてもらうことって可能でしょうか?

普通に考えれば難しいと思います。

通院なさっていた整形外科でMRI検査・CT検査などが出来ないのであれば、「紹介」という形で検査の出来る病院へ行くのが現実的だと思います。

現在の主治医が、ご質問者様に「後遺障害が残存していない」という見解だと、そういった追加検査に消極的な可能性もあると思います。その場合には諦めるしかないかもしれません。


>紛争センターに行ったほうがようでしょうか?

治療期間が約240日(8ヶ月)とのことですので、提示された傷害慰謝料は任意保険会社としては一般的なものだと思います。交通事故紛争処理センターで仮に裁判基準の80%の斡旋案だったとすると、8ヶ月103万円(赤い本・別表Ⅱ)の80%ですから82.4万円に(計算上は)なります。

※接骨院へ通院した場合、裁判基準には馴染まないことがありますが、ご質問者様のケースでは整形外科にも同じくらい通っているので、ギリギリ大丈夫かと思います。

やはりご質問者様次第なのかなと思います。


【追伸】私の回答は保険会社よりになっている可能性がありますので、他の方の回答も参考になさってください。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる