ここから本文です

外国人のインタビューとか、個人の旅行記とかの現地人(あとはサービス業関係の人)...

roc********さん

2012/5/1005:59:56

外国人のインタビューとか、個人の旅行記とかの現地人(あとはサービス業関係の人)との会話とかを日本語に訳した時に、
何でタメ口(常体)で話してるって事になってるんですか? これの対象が日本人だったら100%敬語ですよね?
何か違和感を感じました。
例えば日本人ギタリスト とかのインタビューとかだと敬語なのに、外国人ギタリストだと何故かタメ口。しかも何か偉そう。雑誌側も大物扱いしてるし。

多分フランクな感じ?とか親しみやすさとかを演出してるんだろうけど、これを日本人がやると、某宇多田とか森泉とかローラみたいに顰蹙を買いますよね?(特に宇多田)
あと外国人が初対面で二人称を「お前」って言ってるように訳してるのも不快に感じます。
僕は初対面で「お前」呼ばわりする人は日本人であれ外国人であれ嫌いです 。と言うか軽蔑します。

翻訳家って敬体と常体の違いも解らないほど馬鹿なんですか? それとも外国人の会話、インタビューを敬語に訳してはいけないとかいう決まりでもあるんですか?
疑問に思ったので質問させて頂いた次第で御座います。 ご回答お待ちしております。

補足因みに敬語があるのは日本語だけではありませんよ。朝鮮語、タイ語とかにも敬語があります。 英語、欧州言語などにも丁寧表現はあります。

閲覧数:
249
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2012/5/1723:09:54

直訳に近い状態にするか、それとも極端に馴れ馴れしい感じにするのかどちらか両極端に傾いてしまうのは、時間の制約なども原因としてあると思われます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる