ここから本文です

土地・建物を昨年売却し、4月に税務署から「お尋ね」という文書が届き、譲渡にかか...

toshi212menさん

2012/5/1110:32:02

土地・建物を昨年売却し、4月に税務署から「お尋ね」という文書が届き、譲渡にかかる申告内容で売却代金とか記入し返送するような内容になっているのですが、ほっといても大丈夫でしょうか

閲覧数:
13,511
回答数:
6
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/5/1111:33:30

税務署は、定期的に法務局で登記の移動をチェックしています。
登記移転=譲渡・贈与・相続 があったとなりますので
元の所有者と、移転後の所有者に「お尋ね」の書類で実態の調査
をする訳です。
金銭のやりとりがあれば、相互間で金額の食い違いがないかが判りますし
わざわざ調査に行く必要がありません。

出さなかったからといって特に罰則はありませんが、そういった書面調査を
拒否して、問い合わせが着たり、税務署が来られるのも面倒ですので
提出することをお勧めします。

質問した人からのコメント

2012/5/18 23:46:11

降参 ありがとうございます、参考になりました。ほかの回答者の方々もご丁寧にありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yasuao2001さん

編集あり2012/5/1520:06:51

私の住むところは、合同庁舎に、法務局と税務署が同居しています。税務署は登記情報をかんたんに入手できます。日報、週報、月報?法務局から税務署に定期的に情報が渡っているんでしょうね。
質問者さんが不動産を売却し、いくばくかの金銭を手にしたことは税務署のはすっかり捕捉されています。

もちろん、譲渡益が発生していなければ申告する必要はありません。

でも税務署から見ると、質問者さんが無申告であるということは

① 税制そのものをしらない
② 申告をうっかり忘れている
③ 税金逃れで、無申告である
④ 本人が素人計算して譲渡益があるのにないと勘違いしている
⑤ 譲渡益は無く問題はなく非課税である

いずれか分らないので「お尋ね書」を送付してきます。

⑤なら放っておいても大丈夫です。

私なら一刻でも早い無罪放免してほしいんでチャンと提出します(笑)

2012/5/1110:55:24

税務署は法務局で名義の変わった不動産をチェックしています。
もちろん譲渡所得の申告漏れがないかの確認です。
お尋ねはほっといてもOKですが、所得があれば確定申告は必要です。

syakebonnさん

2012/5/1110:42:26

譲渡益があったのなら申告、納税してください。無かったのなら譲渡益無しと記載して返送してください。

tiewaketeさん

2012/5/1110:40:22

ほっとくと税務調査が入る可能性がありますので、記入して提出してください。

少なくとも貴方の売却に関して税務署が興味を持ったということです。

fuwafuwataneさん

編集あり2012/5/1110:39:58

心当たりがあれば協力し、無ければワンクリ詐欺と同じで無視です。
うちでは、全く心当たりの無い土地取引の「お尋ね」が届き、心当たりが無いがどうすれば良いか税務署に問い合わせたところ、「それでは廃棄して結構です。」との事、お役所仕事の典型ですね。
聞くところによると、脱税取締りの事前調査らしいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。