ここから本文です

蛍光灯の光より白熱電球の光をあてて物体を見るほうが自然な色合いになるわけはな...

eig********さん

2012/5/1421:55:20

蛍光灯の光より白熱電球の光をあてて物体を見るほうが自然な色合いになるわけはなんですか?

スペクトルの観点からお願いします。

閲覧数:
572
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

2012/5/1517:35:17

蛍光灯は、水銀から放出される紫外線を蛍光体に吸収させ、蛍光体から赤、緑、青などの光を放出させて白色に見せています。
したがって、可視光のすべての波長成分を含んでいるわけではなく、不自然な色合いになります。
白熱電球は黒体輻射の原理によって、連続的に多くの波長成分を含んでいるため、自然な色合いに見えます。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1231637277

質問した人からのコメント

2012/5/15 19:26:00

成功 ありがとうございます。
助かりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mam********さん

2012/5/1507:59:22

蛍光灯は水銀原子が刺激されて発する緑の輝線スペクトルです
緑以外の色はほとんど含んでいません
デイライトタイプのフィルムで撮影すると強い緑であることが分かります
白熱電球の光は空洞共振によって発する連続スペクトルです
色温度2800℃以下の全ての波長の光を含んでいます

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる