クロネコヤマトの宅急便hは

クロネコヤマトの宅急便hは アニメの魔女の宅急便と 「クロネコ」がキャラクターであることと、 「宅急便」という言葉が使われていることといい まるで、ヤマト運輸の宣伝のようにも思えますが 何か関係がああるのでしょうか?

補足

ありがとうございます。 つまり、作者の方は ヤマト運輸をイメージした上で、「クロネコ」と「宅急便」を 使ったということなんでしょうか? まあ、魔女だから黒猫というイメージもありますよね・・・ そこから、クロネコ=宅急便という連想なのかな?

アニメ472閲覧

ベストアンサー

0

原作自体は直接は関係ないですよ。 ただ、ジブリが映画を制作にあたって、「宅急便」がすでにクロネコヤマトの登録商標になっているため、クロネコヤマトにスポンサー要請し、快諾となっただけです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 やっぱりただの偶然の一致なんですね。

お礼日時:2012/5/30 17:05

その他の回答(3件)

0

もっと単純な話で、 ・魔女がほうきで空を飛んでものを届ける宅配便があったらなぁ と言うことから物語が作られ、魔女の使い魔のイメージで黒猫となっただけです。 作者が「宅急便」と言う名称がヤマト運輸の登録商標だったことを知らずに制作してしまったため、後付でヤマト運輸に承諾依頼をしたらスポンサーにまでなってくれたという流れです。 知らない人も多いのですが「宅急便」と言うのはヤマト運輸しか使うことが出来ず、一般名称は「宅配便」です。

0

作者の角野栄子さんが、「宅急便」が商標登録である事を知らずにタイトルに使ってしまってたのです。 「宅配便」と改題するのも変と考えた鈴木プロデューサが、ヤマト運輸に話を持ち掛けスポンサーに引き込んだワケ。 【補足】 私は、違うと思うんですがねえ・・・