短歌に 不来方の お城の草に 寝ころびて 空に吸われし 十五の心 という歌があるのですが、 解釈を教えてください お願いします。

文学、古典27,671閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさん、ありがとうございました!!

お礼日時:2012/5/24 18:34

その他の回答(1件)

0

解釈します。 昔の城跡の草原に寝転んで青空を眺めているとその空に十五の私の心は吸い取られるようであった。「感じ易い少年の 頃を回顧しての歌」