ID非公開

2012/5/24 11:40

11回答

個人再生(民事再生)についての質問です。お詳しい方、もしくは経験のある方、回答お願い致します。

個人再生(民事再生)についての質問です。お詳しい方、もしくは経験のある方、回答お願い致します。 身内が自営業での借金1000万円、資産1000万円で任意整理をして、もうすぐ支払い開始です。 私としては個人再生が良いのではと考えています。この資産を1000万円というのは固定資産税課税標準額です。実際はもっと少ないと思います。 私はどうにか圧縮して清算価値(時価資産?)を1000万⇒500万位にならないかと考えていますが… そこで質問なんですが、裁判所が参考にするのは固定資産税課税標準額だけではないでしょうか? 路線価と不動産屋の見積もりなどを見て総合配慮するのでしょうか? ちなみに身内は田舎です。築30年以上の住宅(ローン無し)、田んぼ、雑種地・宅地比準50%となっている土地がありそこの価値が一番高く500万…でも川に挟まれ良い環境ではないし、ただ土を入れただけで整地と呼べるかどうかも。。 この土地を任意売却したら清算価値がぐっと下がりますよね? ちなみに自営業の身内の月収は最低10万位からです。 破産は考えてないみたいです。 こんな状況でもしできそうでしたら、個人再生するのは司法書士(今は司法書士にお願いしています)では無理ですよね? 大変苦しんいますので、どうか回答宜しくお願いします。

補足

早速の回答本当にありがとうございます。 中々厳しいですね。 任意整理中ですが、司法書士(個人再生が得意の場合)の指示のもと、その500万の土地を売ってから個人再生するのはどうでしょうか? 土地は予想で200万もしないです。それを債権者にあてて、その後に借金額を清算価値を見てみて個人再生という形はどうでしょうか? 自営業ですが、約二年後に入ります。年金開始まで頑張り、それからしてみた方がいいでしょうか?

住宅ローン416閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

まず、最後のご質問について、司法書士では無理とはいえませんが、個人再生に慣れている司法書士でないと難しいように思われます。 次いで、清算価値については、裁判所の判断になりますが、仰られているとおり、時価評価になりますので、不動産業者(少なくとも2社)の査定額が500万円程度になるというのであれば、それを時価評価として、判断されることは、あり得ます。 ただ、物件の所在からして、大手不動産業者の無料査定が複数得られるような物件ではないようですから、固定資産評価額ではなく、不動産業者の査定額を時価であるとすんなり裁判所が認めてくれるかどうかという疑問があります。 さらに問題点として、自営業ということですから、個人再生の要件である「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがある」(民事再生法221条1項)という要件をクリアできているのか、また、不動産の清算価値を500万円と認めてもらい、それ以外に資産がないとしても500万円を3年ないし5年で弁済するということになり、最長の5年として、月額あたり8万3333円以上弁済しなければならないことになりますから、最低10万円の月収では再生計画の履行の見込みがあるとは認められないと判断される可能性があるということです。 補足について 売却するのは構いませんが、その売却代金が残っていれば、清算価値の対象になります。 住宅に、ローン無しということですので、売却代金を債権者にあてるというのは、無担保債権者に弁済するということになるかと思いますが、どのように充てるという意味でしょうか。全債権者の債権額に按分して平等に弁済するというのであれば、よいのですが、特定の債権者だけへの弁済では問題があります。弁済に充てて売却代金がなくなったとしても、あるものとして判断される場合があるからです。 弁済後の残債務について個人再生するというのは可能で、清算価値による最低弁済額が下がるので、もし、不動産が200万円で売却でき、債務が1000万円-200万円=800万円となり、ほかに資産がないとすれば、最低弁済額は160万円(800万円の5分の1)になりますから、5年で弁済するとすれば、月額あたり2万7000円になります。 年金受給者となれば「将来において継続的に又は反復して収入を得る見込みがある」という要件をクリアできます。もっとも、個人事業者であっても、この条件を満たすような一定の取引先があり、収入が見込めれば、個人再生は可能です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しくお答えいただきありがとうございました。とても参考になりました。

お礼日時:2012/5/25 13:34