ここから本文です

なぜ今こんなにも電機業界で正社員の大量リストラが起こっているのでしょうか? ...

rsspirit_reboさん

2012/5/2513:47:24

なぜ今こんなにも電機業界で正社員の大量リストラが起こっているのでしょうか?

もちろん歴史的な超円高やリーマンショックの影響なのは分かっています。

しかし同じ輸出に頼る自動車業界

ではそこまでリストラされていません。国内産業でもそこまではありません。

聞く話によると現業正社員だけでなく、研究職などの中枢正社員までもが退職強要等でリストラされているそうです。

そこで質問なのですが、今後自動車業界の研究職といった中枢正社員でもリストラは起こり得ますか?

また、自動車完成車大手各社でもリーマンで大赤字がありましたがそこに新卒で入社するのは、リーマンでも赤字のない大手優良部品メーカーに入るよりも危険ですか?

自動車業界や経済に詳しい方、40年先を予想しながらのご回答を、よろしくお願い致します。

未だEVや燃料電池車を全く作っていない自動車完成車メーカーに行くか迷っております。

補足皆様、丁寧なご回答とご意見を誠にありがとうございます。

ちなみに自動車部品メーカーとは、海外にもしっかり進出済みの内装メーカーなので割と安泰だと思われます。

でも個人的には完成車メーカーに惹かれていたり…こればかりは自分で決めることですが。 お勧めといいますか背中を押して頂けると嬉しいです。

閲覧数:
589
回答数:
4
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

lunas_terraさん

2012/5/2820:04:57

円高やリーマンショックなど表面的な原因ではありません。失われた20年と呼ばれるもので最初の10年間は失われた10年でした。この先も続くと失われた30年になるはずです。売ろうにも買ってもらえるものがだんだんなくなると大きく傾きます。対応能力があるかないかは大きな基準だと思います。

20年位前から拡大が止まって徐々に傾き始め、10年位前からだんだん基礎が腐り、ここにきて体力が限界に達して次々に倒壊の危機に陥っているためここ数年で生じた問題ではありません。やばくなっている会社の製品サービスを見ると分かりますが正直魅力がなく使いたいと思えません。かつての超優良企業が競争に負けただけならまだ良いほうで競争すらしないまま立ち枯れ状態で淘汰されかけています。車がそれなりに元気なのは海外の変化が比較的小さかった影響で、変化の兆しがある以上海外勢次第で影響が出てくるのはもはや時間の問題です。

国内で宣伝している車のあり方は海外で通用しません。ガラパゴスです。特に燃料電池を基準にするのはかなりリスキーです。

質問した人からのコメント

2012/5/30 10:55:06

長年懸念されていた自体が表面化してきた、と言っても過言ではない状態だと感じました。

確かに、海外でも評価の高い改良型ディーゼルや、高効率ガソリンエンジンなどが最重要になる可能性が高いですね。 皆様方、未来を予想するという難題に親身に回答して下さり、また本当にとても貴重なご意見を誠にありがとうございました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

nobukiisobeさん

編集あり2012/5/2521:07:53

家電メーカーはテレビが大赤字で、会社が傾いてしまいましたから、人員削減も仕方ないことです。

自動車メーカーだって、いつどうなるか分かりません。技術的な理由、売り上げ・価格的な理由、資本的な理由など変化の要因は様々です。部品メーカーだって、マフラーやラジエーターが要らない自動車が出てくれば、メーカーの再編につながります。

40年先どころか10年先も、とても予想ができません。電池自動車も、水素自動車も研究していない会社が、一番強いかもしれませんね。改良型ディーゼルエンジン自動車が、一番有利なのは明らかです。

完成車メーカーは、最終的にブランドを持っていて、ピラミッドの頂点に立っているわけですから、それはやはり親分ですよ。

adgrocerさん

2012/5/2515:15:58

電機は競合が多い上に価格競争が激しいからだと思います。
車はメーカー系の販売店が売ってますから価格統制は
できていますが電化製品は量販が滅茶苦茶な売り方してますからね。

車に関しても今後、部品によってはリストラはあると思います。
だってこれからは電気自動車って事はエンジンじゃなくてモーターや
バッテリーって事でしょ?
参入はある意味、電機メーカーでも出来るって事ですからね。
だから既存の自動車メーカーはバッテリーメーカーや家電メーカーと
手を組んだり出資したりしていますしね。
それに前のバブル崩壊の時は日産はかなり切りましたよ。
日産が復活したのは外人経営者による仁義ない首切りに成功したからです。
まぁーどの業界だって不景気でリストラはありえます。
銀行も証券会社も一時期は無いと言われた業種ですしね。
電力会社だって今回のような事が起ればあるわけですしね。
これは今の業績見たってわかりませんしね。
どの会社に就職してもリストラにあわない(やめたって引き抜かれるくらいの)人材に
なるよう自分を切磋琢磨するしかないと思うよ。
それか悪い事さえしなければ首にならない公務員を選ぶかです。
民間を選ぶ限りこのリスクは避けようがありません。

2012/5/2514:32:56

電気メーカーは市場が成熟されつつあり、価格勝負になってきており、粗利益率がかなり低下してきています。さらに海外メーカーに推されシェアが少なくなってきています。品質にこだわり過ぎマーケティングをおろそかにしたせいです。また、液晶やら携帯やら扱う商品が多く設備費用や固定費が他の業界より大きいです。これらが原因かと思われます。



また40年後の予想はかなりむずかしいですね。国内市場は縮小方向に進んでいるので海外輸出に頼ることになるでしょう。世界にはまだ未成熟な市場が多いので、そういった市場の開拓によります。(ミャンマーのような国)
しかしそこに問題がないわけではなく、未成熟な新興市場を開拓するということは、その国が豊かになりるということです。中国やインドのように自国のメーカーとの競争や、世界的に賃金が高くなり、今まで以上に製造コストがたかくなるでしょう。まぁ、このような問題をクリアするとして、、
今よりははるかに大きくなっているでしょう。


部品メーカーですがリーマンショックでも赤字にならないことは魅力的で不景気には強いでしょう。安定感を感じます。ただ、それもメーカーあってこそです。


長文失礼ですが結論です。自動車メーカーは安泰なので部品メーカーも安泰です。質問者様が仕事の内容が魅力だと感じる方を選べば良いと思います。ちなみに私は自動車メーカーの方が世界感があって良いように思えます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。