ここから本文です

昔読んだSF小説について質問です。 地球にやって来た宇宙人が、たまたまそこに...

usu_0101さん

2012/5/3022:39:47

昔読んだSF小説について質問です。

地球にやって来た宇宙人が、たまたまそこにいた羊か何かの家畜が
地球の代表者・支配者だと思い込む話がありました。

長編じゃなくて短編やショートショートだと思うのですが、誰の何という作品でしょうか?

閲覧数:
430
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xyhseiksさん

編集あり2012/5/3023:36:02

星新一さんのショートショートで似たようなお話があると思います。

ただ、羊じゃなくて猫だったんですよね~。だから違うかな?

ざっとあらすじを。

人里離れたところにある男が暮らしていた。
男は美しい猫を飼っていて、毎日、心をこめて世話していた。

そんなある夜、彼の家に宇宙人が来る。
宇宙人はそこに住む生物を調べて、勝てそうだったら、地球を侵略するつもり
だった。
宇宙人は男を襲って調べ、これなら勝てそうだと母船に連絡しようとした。

そこへ猫が宇宙人に話しかける。
「あなた、だれなの?」

宇宙人は驚いて、猫を調べた。
すると実に平和的で精神性が高いと出た。

感服した宇宙人は猫に話しかける。
「この星の支配生物はこちらの生き物(男)と思っていましたが、
もしや、支配しているのはあなたたちなのでしょうか?」

猫はあくびをしながら答えた。
「そうよ。こいつたち、のろまで気が利かないけど、まあまあ
一生懸命仕えてくれるから、使ってあげてるの」
「そうでございましたか。あなた方のような方が支配なさっておられるのなら、
この星に攻め込むのはやめておきましょう」

猫は「どうでもいいけど」とまたあくびして、宇宙人は去っていき、地球は救われた。

昏倒していた男の意識が戻り、
「な、なんだ?今、なにかがきたような気がしたが、なんだったんだ?
はっ、猫は?」

猫はゆったりと座って、男を見上げてにゃーんと鳴いた。

「おお、よしよし。なにかあったような気がしたが、お前に変わりはないし、
気のせいだったんだな。よしよし、ごはんにしような」

男は愛しげに猫を抱きあげ、猫はいつも通り、男に甘えたのだった。

本が手元にないので、細かいところはねつ造ですが、こんなお話でした。

星さんのショートショートは多数あるので、タイトルを申し上げられなくて
すみません~。

質問した人からのコメント

2012/6/1 20:22:51

降参 あれは火浦功のショートショートだったかなー と調べていたんですけど、星新一の「ネコ」で間違いないと思います。ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。