【IT土方のその後】

【IT土方のその後】 いわゆるIT土方という人達は 月勤務200時間超で年収250万円程度といった低賃金長時間労働を強いられているそうですが 具体的に IT土方というのはどういう職種の属性でしょうか? また転職後はどのような職に就いているのかも気になります。 経験者もしくは同業界の方教えてください。

この仕事教えて1,156閲覧

ベストアンサー

0

SOHO起業したての頃とかはITドカタになりますね どういう事かというと 元請の会社がありまして、そこが下請けに仕事を流します。 さらにその下請けが、在宅のSOHOなどに仕事を「丸投げ」します。 間にいろんな会社が入ってきますので、末端のSOHOは安い報酬になります。 問題は「丸投げ」をするという部分なのですが 実はこの「丸投げ」を繰り返してきたことによって、元請の会社は自分の首を絞めることになります。 すなわち、丸投げをされたSOHOは、その仕事のデータや情報などすべてを握ることになります。 SOHOというのは、個人事業主であり、いちおう社長の肩書きを持ちます。 元請の営業マンなどよりは、実は上の立場になりえるんですね ITドカタを経て、丸投げされてきたSOHOはやがて親会社とは立場が逆転してしまうんですよ 「ナカヌキ」して直接クライアントと仕事をすることになります。 このような流れによって、中堅のIT、いや、大企業のITも淘汰されて、ITバブルが訪れて 孫受けに丸投げしていたようなバカな会社はつぶれていってるんですね バカ会社はバカですからサーバーの情報もSOHOに渡します。 その情報を持ってるSOHOは、いつまでもバカ会社と一緒に仕事するわけがありません。 信じられないかもしれませんが、ほんとにそういうバカ会社があるのです。 たとえばホームページ作成などという仕事の場合ですと 丸投げされた側は、最初はドカタ仕事になりますけども、そのドカタが起業家のSOHOである場合 かなりの確率で仕事を親会社から奪うことになります。 実は僕がその、元ITドカタなんですね ほんの10年前は辛かったですよ でも、その親会社・・・今はもう終わっています。 なかでも何もできない営業マンとか、今ごろなにしてんだろ? 本物のドカタになってるんじゃないかな? 生き残り戦争ですから スーツ着てパリッとした営業マンの化けの皮を剥がすと、とんでもないバカ面が見えているものなんですね ITドカタがせっせと働いているときに 酒のんでるバカ達の末路は悲しいものがありますよ ほんと