ここから本文です

児童相談所の業務に詳しい方に質問です。今、親権変更の調停中なのですが、調停に...

aey********さん

2012/6/615:19:25

児童相談所の業務に詳しい方に質問です。今、親権変更の調停中なのですが、調停には一切関わりを持ちたくないという主張されている割に、子供との面会は親権者である相手方のみで、非親権者である私は会えません。

親権者は子供に会って、子供を説得する機会がある訳ですから、結果的に児童相談所は裁判に関与していることになりませんか?ちなみに、子供が児童相談所にいるのは親権者の虐待が原因です。なぜ虐待している側が会えて、それを助けるために児童相談所を信頼して預けた側が会えないのかと、児童相談所の職員に聞くと、「親権者だから」としか返答が返ってきません。児童相談所は自分の職務さえ全うできれば、後はどうでもいいのですか?親権者の顔色ばかりでなく、子供の事を第一に考えるべきだと思うのですが・・・・

閲覧数:
3,371
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nqk********さん

2012/6/801:36:50

児童相談所は公的機関ですから、あくまで中立という原則が有ります。

児童相談所では残念ながら親権に対抗する事が出来ないのが現状です。近年でも虐待親が、親権を盾に児相の介入を拒み、結果として不幸な事件が起きている事に憤りを感じます。

現在でも、児相の判断だけでは親権の喪失などの制限は出来ず、家庭裁判所の許可が必要になりますが、親権者変更の申立をしている事から、児相は全く介入が出来ないのです(法改正は議論されていますが十分とは言えません)

私も元・妻の子供への虐待で児相とは何度もやりとりをしています。ご指摘のような憤りを感じたことは何度も有ります。確かに子供の立場でなければならない児相でも、家裁の許可が無いと何もできないのが実情です。

親権者変更の申立では、子供の年齢によって子の意見を聞いたり、意思を尊重することが有りますが、通常は生活状況などを勘案して、総合的に判断することになります。実際に養育していない場合であれば、現在の親権者の不行状を徹底的に立証して戦うしか道は有りません。

児相は、味方では有りませんが、敵でも有りません。出来るだけ事実を伝えて(虐待など)、現在の親権者に不行状が有ることを丁寧に話して認めさせてください。家裁では調査官が必ず児相の意見を聞きます。ヘタに対抗意識を持つより、協力してもらおうという姿勢が大切だと思います。私の時は、子供が小さく、母親絶対有利を覆せたのは、児相の意見に拠る部分が大きかったと思っています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

tak********さん

2012/6/1212:27:37

私の経験したことが少しでもアドバイスになればと思い、書き込みをさせていただきます。

はっきり申し上げて児童相談所は国の機関なのでお役所仕事です。それぞれの家庭環境のことを考えてはくれません。親権が全てです。しかも預かってしまえば、なかなか返してくれません。子供との面会をするには親権が相談者様に移るしか手はないです。相談できるところとなれば、女性問題に強い弁護士さんに間に入ってもらうのがいいかもしれません。

ただ、質問を読ませて頂いている限り、もしかすると児童相談所の職員は貴方が虐待をしたと誤解しているのかもしれません。いくら親権者でも加害者に会わせるというのは理解に苦しみます。

子供は児童相談所から開放されて1年以上経ちますが、今も色々連絡してきたり抜き打ちの家庭訪問をされます。「子供のため」ということを何かにつけて言いますが、最近ではそう感じられず、何とかして連れて行こうというようにしか感じられないです。

本題ですが、現状では親権を一刻も早く親権を取り子供を大切にしてあげてください。

ron********さん

編集あり2012/6/813:21:19

>結果的に児童相談所は裁判に関与していることになりませんか?

そうなります。

>児童相談所は自分の職務さえ全うできれば、後はどうでもいいのですか?

そのとおりです

>親権者の顔色ばかりでなく、子供の事を第一に考えるべきだと思うのですが・・・・

親権者に対しても傲慢な職員が多いですよ。
それはともかく、子どもの事を第一に考える組織ではありません。

下手に足を突っ込めば、家庭が崩壊させられるかもしれません。
危険な組織です。

補足
nqk13700さんが児童相談所の権限を理解しないまま勝手な回答をされています。
児童相談所は親の了解なく子どもを一時保護する権限を持っています。
その気になって保護しようとしたなら、親権など盾にはなりません。
児童相談所に通報されていたにも関わらず、子どもが殺された事件があります。
その時に児童相談所が言い訳に使う言葉が「親権」「介入困難」なのです。
助けることが出来なかったのではなくて、助けなかったのです。
その気になれば誘拐・拉致さえ出来るのです。

裁判所も児童相談所の一方的な請求で親権停止を認めます。
児童相談所は警察でも持たない強力な権限を持っています。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる