ここから本文です

作・宮崎駿「紅の豚」の主人公ポルコ・ロッソ(マルコ・パゴット)は、旧ユーゴスラビア...

アバター

ID非公開さん

2012/6/713:03:02

作・宮崎駿「紅の豚」の主人公ポルコ・ロッソ(マルコ・パゴット)は、旧ユーゴスラビア、現クロアチアの多島海を根城にしている住人ですが、 同作の原作マンガ中に「ユーゴでもアレクサンドル(アレクサンデル?)というロクでもない奴が政権をとって…」という、ユーゴでのファシスト台頭を示唆するモノローグがあります。

映画版には入っていない文なのですが、実際旧ユーゴスラビアでアレクサンドル(アレクサンデル)という人物、またはそのモデルとなったようなファシストが政権を握ったことはあるのでしょうか?

聞いたことのない話なので…

閲覧数:
848
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mor********さん

2012/6/715:55:07

実在の人物ですが、アレクサンダル1世(1888~1934・在位1921~34)ではないでしょうか。
1929年に国王独裁を宣言し国名をユーゴスラヴィアと改めます。丁度ファシズム台頭の頃です。
具体的には検索してくださるか、世界史のカテで質問し直された方が判り易いと思います。

アバター

質問した人からのコメント

2012/6/7 19:56:41

全体主義者(ファシスト)ではなく専制君主でした(゚_゚)ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる