ここから本文です

「身分、平民」明治45年(大正元年)生まれの爺さんの書き損じた履歴書が出て ...

ジェームスさん

2012/6/1815:03:07

「身分、平民」明治45年(大正元年)生まれの爺さんの書き損じた履歴書が出て
きました20歳ごろに書いたと想像して大正を通過して昭和の初期に当たりますが
住所、氏名、生年月日に加えて身分、平民と書いて

ありました勿論毛筆で、用紙は薄いケイシ?というものです、当時は皆さん

「身分」を書いたのでしょうな、高い身分の人も書いたのか、いつ頃こんな
制度が廃止されたのか不明ですが時代ですなあ、皆さん知ってましたか?。

閲覧数:
705
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

xmd********さん

編集あり2012/6/1819:23:02

華族、士族、平民の身分は明治2年の戸籍法で定められました。
これが廃止されたのは、昭和22年です。
父の卒業証書で確かめてみましたが、大正14年の尋常小学校の卒業証書には、名前の前に「鹿児島県士族」と書いてありますが、昭和4年の中学校の卒業証書にはもうその記載はありません。
昭和9年に父が書いた履歴書にも、身分は書かれていません。
地方差もあるのでしょうが、昭和になった頃からはあまり頓着しなくなったのでしょう。

質問した人からのコメント

2012/6/19 11:50:06

感謝 大変参考になりました、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

プロフィール画像

カテゴリマスター

mic********さん

2012/6/1816:53:33

昭和初期であれば、今よりも「平民」と「新平民」の間の差別ははるかに大きかったと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる