ここから本文です

マクロスのバルキリー変形の中に、 「ファイターガウォーク」と「ガウォーク」...

war********さん

2006/8/1022:26:37

マクロスのバルキリー変形の中に、

「ファイターガウォーク」と「ガウォーク」があるのですが、

あの二つは作品の中では、どういう使い分けになるのですか?



ガンポッドをもった「ガウォーク」の方が攻撃力がありそうな気が・・・

すると、ファイターガウォークの位置づけは??

閲覧数:
2,064
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ino********さん

編集あり2006/8/1109:25:55

tomandgmさんのご回答と重複するかと思いますが・・・。
要は、
「機動性・運動性能を重視した結果」
が、ファイターガウォークということなのでしょう。
ガウォーク自体も、機動力は高いはずですが、
これにファイター時の能力を加味し、
「ガウォークよりも高速に」
かつ
「ファイターよりも機動性に富む」
という能力を持つのが、ファイターガウォークではないかと。
(また、ガヴォークよりワンステップ分、ファイターに近いわけですから、
いざというとき、より早くファイターに変形し、高速離脱することも可能でしょうし。)
恐らくは、開発時には想定されていなかった形態で、
現場の兵隊さんが、現実に即して生み出した形態だったりするのかも知れませんね。
まあ、あくまで私見に過ぎないわけなんですが、いかがでしょうか(^_-)

質問した人からのコメント

2006/8/16 23:47:02

降参 一番最後に裏話的な、多分コレが正解なのだろうと思われる回答もあったのですが、個人的にストーリーを膨らませる事が出来たので、こちらに選ばせて頂きました!他の方々も、どうもありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pis********さん

2006/8/1223:25:41

「ファイターガウォーク」というのは、マクロスの放映が終了してから出来たものです。
元々、バルキリーの変形パターンは、「ファイター」、「ガウォーク」、「バトロイド」の3種類で、その3種類のプラモが発売されていました。

ところが、マクロスの後番組、オーガスの変形はバルキリーの3種類+「タンク」の4種類でした。プラモも当然4種類出して、そこそこ売れていたので、さらに売上を伸ばそうとした当時のメーカー(バンダイではなく、イマイとかいう会社)が無理矢理バルキリーの4種類目を作り、オーガスに合わせたのが元です。

tom********さん

編集あり2006/8/1022:55:50

ファイターの時に逆加速をかけると、足(後ろのエンジンのノズル)だけ前に出るんです。これが「ファイターガウォーク」形態(のはず)。
この状態だと、メインのブースターが前に出るので、急減速することができるのです。
あとあるとしたら…劇場版で訓練用のVT-1のガウォークもそうじゃないのでしょうか。

ガウォークの説明は…いらなさそうですね。ホバリング可能で、いろいろと汎用性もあるモードです。

v95********さん

2006/8/1022:51:20

>ファイターガウォークの位置づけ

ただの変形の途中形態としか見ていないと思います。

放映当初からそんな設定があったとは思えないし、劇中のコクピット内部の変形用レバーは「B(バトロイド)」「G(ガウォーク)」「F(ファイター)」の3つしかなかったと記憶しています。

断言できるほど鮮明な記憶ではないのですが・・・・・

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる